下記アコーディオンタブから各カードの画像やボタンをクリックすると、詳細解説のページへ飛びます。

今日の占い

タロットカードの小アルカナ【ソードのクイーン】の意味や解釈<恋愛・仕事・逆位置の意味>

May 20, 2022 ルナファクトリー編集部

大アルカナ22枚を除いた残り56枚のカードが小アルカナです。英語ではMinor Arcana(マイナーアルカナ)といいます。小アルカナはワンド(木の棒)・ペンタクルス(金貨)・ソード(剣)・カップ(聖杯)の4つのスートにわかれ、それぞれが1~10までの数字のカード(スートカード、もしくはニューメラルカード)とペイジ・ナイト・クイーン・キングという人物札(コートカード)からなっています。 このカードの構成、何かに似ていると思いませんか? そう、トランプです。ワンドはクラブ、ペンタクルスはダイヤ、ソードはスペード、カップはハートに相当します。 そして、4つのスートは「火・地・風・水」の万物を構成する四大元素に対応しています。 今回は小アルカナのなかでもソードのクイーンについてお話していきます。

タロットカードの小アルカナ【ソードのクイーン】の意味や解釈<恋愛・仕事・逆位置の意味>

 ルナファクトリー編集部

大アルカナ22枚を除いた残り56枚のカードが小アルカナです。英語ではMinor Arcana(マイナーアルカナ)といいます。小アルカナはワンド(木の棒)・ペンタクルス(金貨)・ソード(剣)・カップ(聖杯)の4つのスートにわかれ、それぞれが1~10までの数字のカード(スートカード、もしくはニューメラルカード)とペイジ・ナイト・クイーン・キングという人物札(コートカード)からなっています。 このカードの構成、何かに似ていると思いませんか? そう、トランプです。ワンドはクラブ、ペンタクルスはダイヤ、ソードはスペード、カップはハートに相当します。 そして、4つのスートは「火・地・風・水」の万物を構成する四大元素に対応しています。 今回は小アルカナのなかでもソードのクイーンについてお話していきます。

タロットカード 小アルカナ『カップの3』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

さて、今回は【小アルカナ カップ3】についてのカードの意味とリーディングについてお話していきます。 大アルカナと比べ、小アルカナはあまり知られていないこともあります。これから本格的にタロットを始める方にもいい機会ですので、さっそく【小アルカナ カップ3】について、深堀していきましょう。

タロットカード 小アルカナ『カップの2』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

神秘的で、特別な力があると思っている方も多いかもしれませんが、タロットカード占いは、とても実用的なものでもあります。 人生の一大事について決断する時も、ちょっとしたことで迷ったときも、タロットカードに聞いてみれば、何か手がかりがつかめるかもしれません。この記事では、そんなタロット占いにおけるカードの一部【カップの2】について詳しく解説していきます。

タロットカード 小アルカナ『カップのエース』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

タロット占いを始めたころは、大アルカナだけを使って占っている人も多いと思いますが、慣れてきたら小アルカナも使ってみましょう。 小アルカナと組み合わせることで、より詳細なリーディングをすることができるようになります。 小アルカナには、カップ、ワンド、ソード、ペンタクルという4つのスートがあり、それぞれのスートは1~10の数字のカードと4枚の宮廷の人物を表したカードに分けられます。 カップのカードは、気持ちが率直に表れるので、ソードやペンタクルのカードに比べると分かりやすいです。  

タロットカード 小アルカナ【ペンタクルの5】の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

タロットカードは全部で78枚あり、全ての意味をおぼえることが難しいと考える方も多いようです。  しかし、それが原因でリーディングを諦めてしまうのは、非常にもったいないことです。理由は、”タロットカードに暗記は不要”だからです。  一番大切なのは、あなたがタロットカード1枚1枚と出会った時の、直感からくるメッセージ。  実際、タロットカードはその1枚1枚の意味がわからなくとも、絵柄から読み取ることができるようにできています。  まずは、あなたがタロットカードと出会い、そこから何かを感じ取ることから始めてみましょう。  今回は、小アルカナ【ペンタクルの5】について、わかりやすく解説をしていきます。  

タロットカード 小アルカナ 『ペンタクルの4』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

占い師の下に赴き、自分の人生で不安がある事を占ってもらい、それを払拭するためにはどうしたらいいのか?それに対する助言を得るために利用する方が多いのではないでしょうか。占いは時には自分の過去の事をまるで見たかのように見抜き、さらには未来予知も可能です。占いは専門的な技術を持っていないと出来ないと思われている方もいるとは 思いますが、しかし、このタロットカードの占いは自分でも占う事が可能です。 今回の記事ではタロットカードを構成している小アルカナ、ペンタクル4について正位置・逆位置を見ていきます。また初心者でも簡単に占える占い方法を紹介していきたいと思います。

タロットカード 小アルカナ【ペンタクルのエース】の意味や解釈<相手の気持ち・恋愛・逆位置の意味>

 ルナファクトリー編集部

タロットカードは全部で78枚のカードで構成されています。78枚のうち22枚が大アルカナ、56枚が小アルカナに分けられます。大アルカナは1枚1枚が異なる種類の絵柄ですが、小アルカナはワンド(木の棒)・ペンタクル(金貨)・ソード(剣)・カップ(聖杯)の4つのスートにわかれ、その中で1〜10の数字のカードとペイジ・ナイト・クイーン・キングという人物のカードから成り立っています。 トランプに当てはめるとワンドのカードはクラブ、ペンタクルはダイヤ、ソードはスペード、カップはハートです。 今回は4つのスートの中のペンタクルのエースのカードについて解説します。

タロットカード 小アルカナ『ペンタクルのペイジ』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

タロットカードには大アルカナと小アルカナがあります。  大アルカナ22枚に対し、小アルカナは56枚。  その枚数の多さからか、タロットカードを展開し意味をよむ際、小アルカナのカードに苦戦する人が多いようです。  でも、実は小アルカナのタロットカードは、大アルカナのカードと比べてはるかに読みやすいタロットカードです。 その中でも今回は「ペンタクルのペイジ」について解説をしていきます。

タロットカード 小アルカナ『ペンタクルのナイト』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

タロットカードを始めたばかりでしたら、カードの多さに覚えることが多くて苦労しているかもしれません。 特に小アルカナは大アルカナのような強いメッセージ性は感じにくく、読みづらいと思う方もいらっしゃるでしょう。 小アルカナは、大アルカナとは違って日々の小さな出来事や、心の変化を主に表します。 たくさんのカードもよく見ていけば、きっとカードからのメッセージに気づくことができるはずです。 今回はその4種類の中のペンタクルの、ナイト(騎士)のカードについて詳しく説明していきましょう。

タロットカード 小アルカナ 『ペンタクルの10』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

ペンタクル(金貨)のスートは地のエレメントを表します。地のエレメントは物質世界を象徴していてこのスートで表されるのは豊かさと実用性、勤勉さや地道な活動、自然や大地のことになります。 そしてペンタクルの9が「集中・熟練」を示すピークなのに対してペンタクル10は「超過・過剰」を示します。「超過・過剰」と聞くとあまりいい感じがしませんが、ウェイト版のカードの10個のペンタクルはカバラ数秘術の「生命の木」を完成させています。カバラ数秘術の10という数字は「完璧」を表しているのです。様々な面で良い意味を持ち、成功を意味します。

タロットカード 小アルカナ『ソードの9』の意味や解釈を分かりやすく解説

 ルナファクトリー編集部

タロットカードとは自分の深層心理に語りかけ、本当の自分の答えを知るというツールになります。客観的に物事を見て、その日の運勢や仕事、恋愛、相手がどう思っているのかなどを感じ取ることができます。タロットカードには無限の可能性があり、また様々なアドバイスも教えてくれるでしょう 。親しめば親しむほど自分の直感が冴え、想像力が広がっていきます。 今回の記事ではソードの9について意味や具体的なリーディング例を説明していきます。

タロットカード 『小アルカナ ソードの2』の意味や解釈を解説 

 ルナファクトリー編集部

大アルカナ22枚、小アルカナ56枚の78枚1組が最も一般的で、1枚一枚が異なったメッセージを持っています。影響力の大きい大アルカナが重視されがちですが、タロットカード占いの物語を完成させる上で小アルカナは重要な役割を担っています。大きな出来事を表す大アルカナに対し、小アルカナは日常的な細やかな出来事を表しています。今回は『小アルカナ ソード(剣)の2』の意味とリーディング例を詳しくご説明させて頂きたいと思います。

タロットカードの小アルカナ【ワンドのペイジ】があなたに伝えること

 ルナファクトリー編集部

あなたはタロット占いにどのようなイメージをもっていますか? 神秘的で、特別な力があると思っている方も多いかもしれませんが、タロットカード占いは、とても実用的なものでもあります。 人生の一大事について決断する時も、ちょっとしたことで迷ったときも、タロットカードに聞いてみれば、何か手がかりがつかめるかもしれません。 じっくりカードを見つめて、イメージを膨らませると、いろいろ感じることができます。 この記事では、そんなタロット占いにおけるカードの一部【ワンドのペイジ】について詳しく解説していきます。

【タロットカード】小アルカナ ワンド7を初心者にも解りやすく解説

 ルナファクトリー編集部

占術でよく使われる“タロットカード”は、古い歴史があり人々に様々なメッセージを伝えてきました。 カードの種類もたくさんあり、眺めているだけで癒されるようです。 タロットカードは、大アルカナと小アルカナに分かれておりそれぞれ深いストーリーがあります。 大アルカナは“一人の一生を描いたような壮大なドラマ”を、小アルカナは“日々のささやかな変化”を表したドラマとなっています。 小アルカナは4つのスート(象徴)の棒・杯・剣・硬貨に分かれており、それぞれ火・水・風・地のエレメントで表しています。今回は「小アルカナ ワンドの7」のカードに焦点を当てていきます。