初心者におすすめ!大アルカナ〜魔術師【THE. MAGICIAN】のカード〜

占い初心者におすすめの占いのひとつ、『タロットカード』

大アルカナ22枚、小アルカナ56枚の合計78枚から出来ています。

一枚一枚に意味があり、物語がありますが初めての方は枚数が多くて困惑することも多いでしょう。

まずはその中の一つ、『魔術師のカード』が持つ意味からお教えします。

 

魔術師の持つ意味

魔術師のカードには見ての通り、中央に杖を掲げた男性が描かれています。これが魔術師で、その前に机がありその上には『棒』『聖杯』『剣』『金貨』が置かれています。これはそれぞれ四大元素の『火・水・風・地』を表しています。魔術師はこれらを用いて新しいものを作り出そうとしています。その意欲に燃えている、とも取れます。

なので『魔術師のカード』は

『占う対象者の持つ技術や能力』『情報収拾力やコミュニケーション能力』

と言う意味を持ちます。

何かを始める時や計画を立てるときに出ると背中を後押ししてくれるので、勇気を出したい時、物事を上手く進めたいときなどはお守りがわりに持つといいと言われています。

 

次へ

どう読む?魔術師の正位置!

タロットカードは正位置と逆位置でカードの意味合いが変わります。ただ、正位置だから良い、逆位置だから悪い、と言うことは一概には言えません。カードにはそれぞれが持つ物語や意味があり、元々人が落ちているように見える絵が描かれていれば、それを逆にすることで助かる物語になるかもしれません。だから逆位置が出ても正位置でも気にせず気楽に引いてみてください。

 魔術師は先ほど記述したとおり、

『占う対象者の持つ技術や能力』『情報収拾力やコミュニケーション能力』

といった意味を持ちます。つまり占う対象の持つ能力や技術が十分かどうか、不足していないかどうかを示してくれます。なので正位置はそれに類したものになり、

『機知に富む』『新たなスタート』『手腕』『コミュニケーション』

といった意味が読み解けます。

魔術師は無限の可能性を秘めています。それを十分に発揮できるのは魔術師の持つ技術や能力が身についているからです。十分なものが身についているからこそその技術を生かして成功を収めることができると言えます。

 

どう読む?魔術師の逆位置!

物事には必ず二面性があるようにタロットにも正位置と逆位置があります。正位置だからいいと言うわけでも、逆位置だから悪いと言うわけではありません。また占う内容によっては警告や注意にもなるので逆に助かる場合もあります。逆位置だったと落ち込まずどんどん引いていきましょう。

さて、そんな魔術師の逆位置は主に準備不足の時に現れます。例えば登山をする時、必ず登る山に適した服装をしますしリュックにも食べ物や水、時には着替えなども用意する場合があるでしょう。そういった用意が不十分な時、実力が足りていない時に警告や注意として示されます。後は元気がない時や体に活力がない場合も実力を発揮することは難しいと考えられると言う警告なので、もし魔術師が逆位置で出た場合、もう一度準備不足がないか確認をしたり、病気や怪我をしていないか自分の体調に気を配ってみてください。

また人間関係の不和が生じる時も出てくることがあります。人と人とのコミュニケーションは時としてすれ違いうまくいかないものです。コミュニケーション能力に不足がなくても相手との相性も関わってくるのがコミュニケーションです。そんなコミュニケーションがうまく行きづらい、そんな時にも出てくるカードです。

なので魔術師の逆位置は

『活力不足で停滞』『実力不足』『無計画な言動』『騙される』『コミュニケーションの不和』

といった意味があります。

もし逆位置で出た場合、それほど気負わずにいつもよりちょっと気をつけてみよう、の気持ちで過ごしましょう。そうすれば、本来何かしら起こっていたかもしれない悪いことが回避できたりそもそも起こらないかもしれません。引いたからといって悲観せず、引いたからこそ悪いことは起こらない、といった気持ちが大事です。

 

どう読む?魔術師のカード〜恋愛編〜

占いを始めたい方に多いのが恋愛関係の悩みを持っていることです。誰かに話すのは恥かしいけどなんとかしたい、といった切実な悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。ここからは恋愛ではどう読み取れるのか正位置と逆位置の両方から見ていきましょう。

 

正位置では?

魔術師が恋愛関係で出てきた場合、まだ始まっていない恋の可能性があります。周りの友達の中で特に仲の良い人がいるなら次の恋のお相手はその人かもしれません。また恋も思うように進展していきますし、積極的な態度の方が恋が実る確率も上がるでしょう。もっと進展させたい人はメールや電話を活用すると二人の恋が育っていきます。コミュニケーション能力を暗示するカードなので会話が弾む相手との恋愛を暗示している場合もあります。コミュニケーション能力があるということは気持ちをしっかり伝えられるということなので通じ合う仲になれます。

 

逆位置では?

 魔術師はコミュニケーションを暗示するカードです。そのため逆位置になると口の上手い相手に騙されそうなので注意喚起であると読めます。またコミュニケーション能力の不足、または不調の暗示なので恋のきっかけがなかなか掴めなかったり進展の遅い恋愛になりそうです。連絡が取りづらく相手の気持ちが見えづらい状況に陥り振り回されている状況でもあるので進展するにはかなりの苦労をしないといけません。逆に言えば二人で試練を乗り越えていけばより愛が深まると言えます。アドバイスとしてはコミュニケーションを密に取ることが挙げられます。

 

どう読む?魔術師のカード〜相手の気持ち編〜

気持ちは見えないからこそ迷子になりがちです。そして見えないから読めなくてわからなくなってしまい、もどかしい気持ちを抱えてしまいます。気持ちを確かめ合うのに一番の方法は対話ですが、そう簡単にいかないのが人間関係です。そんな人には関係性別のリーディングをお勧めします。

 

恋愛編

〜正位置〜

相手の気持ちとしては自分と同じ気持ち、好きなら好きであると言えます。お互いの気持ちがしっかりと通じ合う関係性なので互いに察している部分も多いはず。付き合いたての気持ちをずっと持ち続けているので変化はなくとも良い関係性を保てています。

 

〜逆位置〜

言葉と気持ちが裏腹でなかなか相手が信用できない態度をとっているかもしれません。本心がわかりにくく、上手い口調で何かしら隠し事をしていそうです。またコミュニケーション不足で関係が停滞気味なので積極的なコミュニケーションを心がけると関係性改善の一歩になると思います。

 

仕事編

〜正位置〜

仕事ができる人、ユニークな方法で業績を上げる人と周りから思われています。新しい資格やビジネススキルをどんどん獲得していくので、豊富な能力で効率的に仕事を進めるので上司からの覚えもめでたいでしょう。計画を立てれば仕事の成功率が徐々に上がっていきます。

 

次へ
この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。