【タロットカード】小アルカナ ワンド8の意味や役割を優しく解説

はじめに

占いに使われる有名なツールタロットカード」は、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で78枚で構成された美しいカードです。

本題に入る前に、タロットカードの世界について解説していきましょう。

0番の愚者のカードが旅に出て様々な学びを得て、成長するのが大アルカナのカードで

大きな変化や、節目など重要なメッセージを担っています。

小アルカナのカードは4つのスート(象徴)で1つのストーリとなっており、日々の小さな出来事・変化をメッセージとして伝えてくれます。

下記リンクにわかりやすくまとめた記事がありますので、是非読んでください。

タロットカードの世界がとても近くに感じてきますよ。

【タロットカードの世界について】

 

大アルカナと小アルカナですが、大アルカナは絵柄や意味合いも馴染みがあるかと思うのですが小アルカナのカードはいかがでしょうか?

例えば小アルカナのこのカードは?どのような意味合いだったかな?など、思い出すのに少々苦労します。

覚えてしまえばリーディングに深みが出ますし、ストーリー性があるのが小アルカナの特徴であり知れば知るほど味のあるカードなのです。

小アルカナはワンド・カップ・ソード・ペンタクルと4つのスート(象徴)にわかれており、それぞれ4つのエレメント火・水・風・地を司り役割があります。

今回ご紹介するワンドの8火のエレメントであり、情熱・直観力・創造力・生命力・冒険心など、考えるより行動が先というエネルギッシュなカードになります。

ワンドは木なのですが、何故火のエレメントなのか気になりませんか?

ワンドについて、とても詳しくまとめられているので下記リンクをお読みください。

【ワンドのエレメントについて】
(現在リンク先を修正中です)

 

 ワンドの中でも今回は”ワンドの8”にスポットを当てていきます。

ワンドの8がどのようなカードなのか、正位置・逆位置の出方による意味合いなどを丁寧に優しく解説していきます。

ワンドの8の世界へ出発しましょう。

 

次へ

タロット ワンド8の意味

ワンドの8の意味合いは、チャンス・急展開・スピード・タイミング・無限・拡大・即断即決・好転などです。

意味合いを見ると、スピーディーで物事が急激に進んでいくようなイメージのカードです。

何か悩んでいることがあれば良い方向へ、劇的な変化や思いもよらないチャンスが舞い込んでくるなど後押しをしてくれます。

自身で掴むというより、物事のほうからやってきたり大きな流れに身を任せるよう促してきます。

その流れに乗るか乗らないか、自身で決断することが大切になってきます。

だからといって何もせず、ただ待つだけでは何も起きないでしょう。

自身がどうしたいのか目標などを明確にし、チャンスを手にすることが重要です。

ワンドの8が出たらチャンスです。積極的に行動し、良い流れに乗っていきましょう。

 

タロット ワンド8の正位置

タロットカードのワンドの8の正位置には、どんな意味合いが込められているのでしょうか?

YESかNOの2択でしたら勿論YESで、とてもポジティブなカードになります。

ワンドの8の正位置からのメッセージは、チャンス・急展開・予期せぬ出来事・スピード・上昇気流などです。

やる気に満ちたワンドの8からのメッセージを深めていきましょう。

 

ワンドの8は、何も障害がなく物事がスムーズにかつスピーディーに進むことを表しています。

自身が心から望んでいることは実現へ向けて一気に進み、あきらめかけていたことは良い方向へ進み道が開いてくるでしょう。

人の運以上の大きな力が働いて、軌道修正をすることも示唆しています。

絡まった事柄は無理に紐解くことをせず、解けるタイミングを待つのも大切です。

 

日常の至るところにチャンスはあり、キャッチするアンテナを張り巡らしてください。

好機を逃さず、良い波に乗ってどんどん進んでいきましょう。

急すぎて心の準備ができていないかもしれませんが、その差し伸べられた手を勇気を持って掴み取ってください。

 自分のために出たカードですから臆することなく、ワンドの8からのたくさんのギフトを受け取ってください。

ポイント

ワンドの8が出たからと安心しきらず、気を付けていきましょう。

正位置だからと安心し、カードに頼りすぎると意味合いが過度なものになってしまいます。

自身もポジティブに過ごし、カードからのメッセージと自身を信頼しましょう。

ワンドの8のカードも、最大限の力でサポートしてくれるはずです。

 

タロット ワンド8の逆位置

タロットカードのワンドの8の逆位置には、どんな意味合いが込められているのでしょうか?

YESかNOの2択でしたらNOで、ブレーキがかかるような立ち止まりましょうというカードになります。

ワンドの8の逆位置からのメッセージは、ゆっくり・見直す・次の機会・充電などです。

正位置がスピードでしたが、逆位置になることで自身を見つめ直すようゆったりなメッセージになります。

ゆったりなワンドの8の逆位置からのメッセージを深めていきましょう。

 

正位置で進むべき方向も決まっていたことが、逆位置になると何処へ進めば良いのかわからなくなってしまいます。

現実味のないフワフワした状態で、足元をしっかり固めることが大事ですよと伝えてくれています。

自身のエネルギーが不足しているよというメッセージもあるので、 無理せずよく食べて十分な睡眠をとり力を取り戻しましょう。

正位置とは対照的にとてもゆっくりなメッセージになり、今はその時ではない・立ち止まってみることです。

ワンドの8逆位置の意味を受取り、次のチャンスに備えましょう。

ポイント

逆位置は見直しのチャンスです。

逆位置のメッセージは一見すると進んでいないように感じますが、「正位置の意味合いに近づいているよ」というサインでもあります。

立ち止まり自分を整えたら、流れが来てチャンスが舞い込んでこれるように隙間を作っておきましょう。

ワンドの8 逆位置からのメッセージと共に、自分を大切にする時間を過ごすことがオススメです。

 

タロット ワンド8のお相手の気持ち 

続いては特定のお相手とのリーディングでワンドの8が出た時、どう読んでいくか見ていきましょう。

お相手といってもパートナーシップは様々あり、その中でも恋愛・仕事・家族・友人についてリーディングする機会が多いかもしれません。

ワンドの8の意味合いは、正位置だとスピード感で逆位置だとゆったり感でした。

人間関係のリーディングで、どういう役割で出てくるのでしょうか?

今回は恋愛関係・仕事関係についてワンドの8の正位置と逆位置から、それぞれお相手の気持ちを解説していきます。

ワンドの8のカードがお相手の気持ちをどのように伝えてくれるのか、早速見ていきましょう。

 

恋愛関係のお相手の気持ち

正位置のキーワード:進展・良い方向・新たな流れ・情熱

正位置でのお相手の気持ち:お相手の気持ちが高まり、あなたとの進展を望んでいます。

とても情熱的であり、思っていることへの決断も考えています。

偶然が必然であったりテンポよく相手との関係が進んだり、見えない大きな流れが味方をしてくれています。

また、今までの関係から新しい関係を築いていくこともありそうです。

 

[出会い]一目惚れや運命的な出会いと、お相手が思っています。お相手任せでなく、自身からも積極的に動きましょう。

[片想い]急接近と急展開があるかもしれません。お相手は交流を深めて、仲良くなっていきたいと前向きな気持ちです。

[カップル]情熱が戻り、お相手はあなたに夢中です。付き合いが長く良好な場合は結婚・良好でない場合は関係の解消など、曖昧だった答えをお相手が決断したい気持ちがあります。

 

逆位置のキーワード:温める・冷静・じっくり・友情

逆位置でのお相手の気持ち:お相手は恋愛モードではなく、自分のことに集中しているようです。

ゆっくりお互いを知り、友人として楽しく過ごし想いを温めたいと思っています。

焦らずじっくりとお互いを知る時間として、お相手の気持ちが整うのを待ちましょう。

このゆっくりと進む時間を楽しむのも1つの手です。 

 

[出会い]良い出会いと思っているけれども、お互いのことをじっくり知りたいと思っています。

[片想い]今は進展を考えていないけれど、友人からゆっくり仲良くなりたいと思っています。

[カップル]思い通りにならず焦りが出ていますが、今は自身を落ち着かせてチャンスを待っているようです。

 

仕事関係のお相手の気持ち

正位置のキーワード:広がる・連携・足並みが揃う・達成

正位置でのお相手の気持ち:やる気に満ちており、プロジェクトを進めたい・完成させたいと勢いがあります。

良いことが重なり、一致団結・進むしかないというイメージです。

コミュニケーションや情報管理も問題なく、作業工程もとてもスムーズになります。

ワンドの8のカードが出るととても情熱的で勢いがあり、相手との熱量が同じ方向に向いているのでどんどん状況が進展していきます。

 

今の状況が止まっているようであれば、助っ人が現れたり突然の良い知らせが届いたりと好転していくでしょう。

とてもエネルギッシュで、お相手の熱量に自身も乗ってお互いを高めあっていきましょう。

どんな事が起きても乗り越え、そこから新しいものに変えていくパワーもあります。

この情熱のパワーは周囲にも伝わり、新たなプロジェクトや人との縁も広がっていきそうです。

 

逆位置のキーワード:見直す・休息・方向転換・緩み

逆位置でのお相手の気持ち:内容の見直しが必要だったり、疲れが目立ち休息が必要な状態を表しています。

無理せず自分のメンテナンスをして、好機を待ちましょう。

逆位置になったことで仕事内容を確認したり、思いもよらぬ方向転換が必要になるかもしれません。

メールのチェックやデータのバックアップ、コミュニケーションのすれ違いなどがないようにいつも以上に慎重になりましょう。

 

仕事に集中し過ぎて、働き続けていると自身のことが疎かになりがちです。

ワンドの8のカードが逆位置で出たら、ゆっくり休むことや気分転換も大切です。

心身ともに余裕が生まれて、状況の好転やここぞという時のチャンスを掴みやすくなります。

のんびりと過ごしエネルギーを蓄えて、次のチャンスに備えていきましょう。

 

恋愛関係と仕事関係のお相手の気持ちをそれぞれカードから見ていきましたが、ワンドの8からのメッセージは皆さまに届きましたか?

お相手の気持ちを知ることで行動したり少し考え直したりと選択肢が増え、自身の行動や心が軽くなるようです。

このメッセージを見て、ご自身がどう感じたかがとても大事です。

心に響いたメッセージを集めて、自分なりのアドバイスとするのもおススメです。

他にも、気になるお友達やご家族との関係もご自身でワンドの8からのメッセージを受け取ってみてください。

 

次へ

まとめ

今回はワンドの8のカードにスポットを当てて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

とにかくワンドの8はスピードとテンポがよく、思わず動き出したくなるような気持ちになります。

それは急かされているのではなく、ワンドの8のカードに後押しされているような感覚からです。

 

正位置の意味合いのスピードや急展開と逆位置の意味合いのゆっくり・充電で、真逆の意味合いですが何故か清々しくも感じます。

カード自体が、竹を縦に割ったようなさっぱりとしたエネルギーを持っているのかもしれません。

 

お相手の気持ちも恋愛関係と仕事関係で見ていきましたが、正位置ではドキドキ感と情熱とスピードがあり逆位置ではペースをゆっくりにすることで冷静になれるメッセージでした。

正位置だからといって恋愛でしたら結婚ではなく曖昧さから抜け出す答えとなり、今の状況がスッキリして本当に望んでいる状態に整えます。

 

リーディング内容がしっくりこないときは、絵柄からメッセージを受け取るのもおススメです。

こちらは説明書ではなく自身が感じた内容がメッセージになり、直観力が磨かれますしカードともっと仲良くなれますよ。

 

ワンドの8のカードが出てきたら、あたふたせず身を委ねてそのスピードの波に乗っていきましょう。

逆位置で出たら少しのんびりと過ごすことが、正位置にひっくり返る大事なポイントなのです。

 

タロットカードをデイリーに使い、普段の生活に取り入れていきましょう。

自身のことを知る良きツールであり、心がホッとするお守りになります。

 

ワンドの8の魅力はこの他にも、まだまだありますのでこの記事を参考に調べてみてください。

この記事が皆様のお役に立てたら幸いです。

タロットカードをデイリーに使って、幸せなタロットライフをお送りください。

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。