タロットカードの小アルカナ【ペンタクルの2】が伝えるメッセージ

はじめに

 タロットカードは大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で構成されており、大アルカナと小アルカナは全く異なる意味と絵柄を持つカードです。

小アルカナはワンド(木の棒)・ペンタクル(金貨)・ソード(剣)・カップ(聖杯)の4つのスートに分かれており、それぞれ1〜10までの数字カードと、ペイジ・ナイト・クイーン・キングの人物カードから成り立っています。

このカードの構成はトランプと似ており、トランプに当てはめると、ワンドのカードはクラブ、ペンタクルはダイヤ、ソードはスペード、カップはハートとなります。

今回は、この4つのスートの一つである「ペンタクルの2」についてお話しましょう。

カード名と絵柄が象徴的で分かりやすい大アルカナのカードや、人柄などを表す小アルカナの人物カードは、ひと目で意味やイメージを掴みやすいカードです。逆に各スートの数字カードは絵柄が細かいのに加えて、数字の意味も把握する必要がある為、覚えるのが大変かも知れません。

しかし、心配はご無用です。本記事ではカードに描かれている絵が持つ意味や、数字が表すの事柄の紐解き方もお教えします。

たった一枚でも、そのカードの絵と数字の意味を正しく理解できれば、同じスート内にある他の数字カードはもちろん、違うスートにある同じ数の数字カードの意味についても把握しやすくなるでしょう。

 

タロットカードの歴史や背景について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

https://lunafactory.co.jp/blogs/yasashitarot/the-history-of-tarot-card

ペンタクルのエレメントについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

https://lunafactory.co.jp/blogs/yasashitarot/minor-arcana-suit-of-pentacles

 

次へ

小アルカナ【ペンタクルの2】のタロットカードが持つ基本的な意味


ペンタクルって?【ペンタクルのスートが持つ特徴】

 もともと、ペンタクルとは一筆で描かれた星のマーク(五芒星)のことを指します。タロットカードにはその星のマークが描かれた金貨として登場している為、ペンタクルのスートは「金貨」「コイン」または「護符」とも呼ばれているのです。

金貨やコインはお金ですから、ペンタクルは物質を象徴していると理解すれば、このスートに対する全体的なイメージも掴みやすいでしょう。

そして、四大元素のエレメントでは、ペンタクルは地(土)に当てはまります。足が地に着く、土台がしっかりするといった意味です。

「物質」「土台がしっかりする」この2つを組み合わせれば、ペンタクルのカードが物質的に恵まれた状態を表すカードであることが分かります。

 

小アルカナのタロットカードの数字の持つ意味【2が持つ特徴】

 小アルカナのカードであるエースは数字の1です。1は物事のスタートを意味しており、新しい事の始まりも表すカードです。では、その1に続く数字の2は何を象徴しているのでしょうか。

1のカードで新たなスタートを切った後に現れた、2のカードが示すのは「選択肢」です。例えるなら、歩き始めた道が二手に分かれているイメージでしょう。

人生は選択の繰り返し。

右と左、どっちに進もうかな?

白と黒、どっちを取ろうかな?

大きなことから些細なことまで、私達は毎日、何かを選択しながら生きています。数字の2は、そんな選択肢が出てきた事や、自分以外の他者との関わりを示唆しているのです。

 

大アルカナで数字の2に該当するのは女教皇です。このカードも、椅子に座った女教皇の両脇には白と黒の柱が立っています。女教皇は知性や英知がキーワードで、自分の内面に向き合うイメージです。

何かを選択するということは、内なる自分の声を聞くということでもあるのでしょう。2つの選択は、良い悪いだったり表と裏だったりもするのです。

また、1つだったものが2つになった瞬間から、選択肢と同時に均等を保つ為の「バランス」も発生します。どちらか一方を選択するか、両方を選んでバランスを取るか、それもまた選択だと言えます。

 

絵柄と数字から見るペンタクルの2のカードの意味

それでは、実際にペンタクルの2のカードを見てみましょう。カードには2つのコインが繋ぎ合わされており、コインを繋いでいるのは∞(無限大)のマークにも見えます。

ペンタクルのスートが意味するのは「物質」、エレメントが表しているのは「地の土台」、そして「数字の2」が持つ意味を組み合わせて考えてみて下さい。

「この繋がりで何かを選択した事は、ずっと続く」と捉えることはできるのではないでしょうか。または、「2人で一緒に何かをする事を楽しむ」と見ることも出来るでしょう。

例えば、メールや電話のやり取り、お金のやり取りなどが当てはまりますよね。または物事が行ったり来たりするイメージも該当します。これがペンタクルの2の絵が表す事柄なのです。

 

 

小アルカナ【ペンタクルの2】のタロットカードが持つ正位置の意味

 キーワード:変化、気軽さ、バランスを取る、器用

ペンタクルの2の正位置は、あらゆる出来事を同時に器用にこなしていくことを表しています。2つの物事を上手くバランスを取りながら進めていくのです。何か問題があっても、バランスを取って上手に立ち回り、楽しんでいる様にも見えます。

仕事とプライベート、人間関係、あらゆることのバランスが取れている状態です。今日は仕事に、明日はプライベートに…と物事に対するウエイトの置き方が絶妙で、どれか片一方に偏ることはありません。仕事や趣味はもちろん、恋愛や人間関係もエンジョイ出来ているでしょう。

ペンタクルのカードには、コインが描かれています。お金を使って趣味を楽しんだり、気晴らしをしたりすると見ることも出来ます。

また、2つのコインが描かれていることから、物の価値を見極め検討するという見方も出来るでしょう。

 

アルカナ【ペンタクルの2】タロットカードが持つ逆位置の意味

 キーワード:スムーズに進みにくい、現実逃避、不均衡、浪費傾向

このカードが逆位置で出た場合、仕事とプライベート、仕事と恋愛といった、2つの物事のバランスが取りにくい可能性を示唆しています。

よく考えないで物事を決めてしまうと、誤った選択をしてしまうかも知れません。もし何かを選ばなくてはならない状況にある場合は、慎重に決断した方が良い結果を招くでしょう。

正位置で上手く行っていた事が、噛み合いづらい状態である、と教えてくれているのが逆位置です。

本来は器用に立ち回れる人なので、普段よりも慎重に決断・行動することで大きな失敗は避けられるでしょう。

 人間関係においては、なぜかやり取りがスムーズに進まなかったり、すれ違いが起こったりしやすい流れです。自分が望むタイミングでメールの返事が来なかったり、電話が通じなかったりという事が起きるかも知れません。

そんな時は、幸運期を迎える為の準備期間と捉えて、次のチャンスを楽しみながら待つのが開運する秘訣です。

 

恋愛でみる小アルカナ【ペンタクルの2】タロットカードの持つ意味

キーワード:楽しさ、気軽な関係

コインを手に楽しそうに遊ぶ男性がモチーフであるペンタクルの2が正位置で出た場合、恋愛に関しても陽気で楽しいという側面が強く出てきます。

また、2つのコインをメビウスの輪の中で遊ばせていることから、あちらからこちらへ、といった2方向間のやり取りがイメージ出来ます。

趣味や楽しみを通じて知り合った相手と付き合うチャンスに恵まれるでしょう。知り合った際は「やり取り」のイメージから、こまめに連絡を取り合うのがおすすめで、やり取りそのものも楽しめる関係性です。

上手くバランスを取っている絵柄から、仕事と恋愛、恋愛と友情など、恋愛以外のものがあったとしても、どちらか一方に比重が傾くことはなく、調和の取れた状態が維持できるでしょう。逆に言うと、深くのめり込むのではなく、気軽に恋愛を楽しむスタンスが吉となります。

 

逆位置の場合は、バランスが崩れやすい可能性を暗示しています。仕事が忙しくなりすぎて会う時間が取りにくい、連絡が疎かになりやすいなど、本来は出来るはずの事がやりづらくなってしまうイメージです。2つの物事のバランスが上手く取りにくい状態なので、生活のバランスも乱れやすいかも知れません。

そんな時は、取り組んでいる物事から少し距離を取ってみるのがいいでしょう。もともと器用な人ですから、その様な状況を脱すれば、今まで通りに事を運べるはずです。

 

実際に占ってみましょう【ペンタクルの2】ワンオラクルの結果

 

タロットカードを1枚だけ引いて、その結果を読むのがワンオラクルです。初心者でも占いやすく、結果も読み取りやすいので、78枚すべてのカードを使った占い方の練習に最適でしょう。

相手は自分の事をどう思っているのか、この先の自分達はどうなるのか、といったリーディングがしやすいテーマで占ってみて下さい。

 

あの人は私のことをどう想っているの?【ペンタクルの2】が伝える相手の気持ち

 正位置の場合

相手はあなたの事を気楽な気持ちで過ごせる楽しい人だと思っています。あなたとやり取りをすること自体も純粋に楽しんでいるでしょう。

しかし、あなたからすると友人関係とあまり差が無いやり取りが多く、少し物足りなく感じてしまうかも。ただ、誤解しないで欲しいのですが、相手は決してあなたに対して不誠実なわけではありません。

相手はシリアスに関わるよりも、二人の関係性をエンジョイ出来る付き合い方を好んでいます。ですので、もし相手の気持ちが分からなくて不安だとしても、心配は無用ですよ。あなたに好意を抱いている状態なので、あまり焦らずに今の関係を楽しみましょう。

 

逆位置の場合

本来はバランスを取るのが上手な相手ですが、どうやら今はアンバランスな状態の様です。何事に対しても気持ちが定まりづらく、地に足が付いていない様に見えてしまいます。そんな状態なので、やり取りもスムーズにいかず、すれ違いが起きやすい傾向です。

もしかしたら、今の相手は仕事が忙しい故に、恋愛に対して迷いが生じやすいのかも知れません。あなたとしては相手の気持ちを確かめたくなるかも知れませんが、それは得策ではありません。

ぜひ今は、相手が心地良く感じられる適度な距離間を保ちましょう。そうして地道にやり取りを続けて、相手が本来のバランスを取り戻した際に、さりげなく二人の関係性について前向きに話してみて下さい。


2人の未来はどうなるの?【ペンタクルの2】が伝える相手の気持ち

正位置の場合

 二人の未来は、交際中であればスムーズに進展していきます。片思いの場合は、楽しい交際が始まりそうですよ。いずれにしても、自然体でいることが大切です。燃える様な熱い恋というよりは、穏やかで安定した関係が続いていきます。程よい距離間を保った方が長続きしやすいでしょう。

相手はやり取りを楽しむタイプなので、チャンスが訪れたら、こまめに連絡を取るのがおすすめです。自然と仲が深まっていきます。お互いに無理をすることなく、良い関係が築いていけるでしょう。

 

逆位置の場合

このカードが逆位置で出た場合は、すれ違いを暗示しています。どうやら二人の現状は連絡が付きにくかったり、都合も合いづらかったりするなど、何かともどかしい状況の様です。もし今の流れが続いてしまうと、より距離が離れてしまう可能性もあるでしょう。

この流れを変える為に、今のあなたに出来る事は、相手との未来をどうしたいのか、を改めて考えてみることです。思い切って、関係を見直すのもいいでしょう。

やはり相手のことが好きで、これからも付き合っていきたい、と思うのであれば、まずは自分の気持ちを相手に示すこと。そうして適度に距離を保ちつつ、自分磨きや趣味などに時間を費やして、二人の心が近付くタイミングを待ってみて下さい。

 

実際に占ってみましょう【ペンタクルの2】シンプルクロスの結果

 

 ワンオラクルに慣れたら、複数枚のカードで展開するスプレッドにチャレンジしてみましょう。2枚のカードであれば、リーディングも比較的シンプルなので、組み合わせてリーディングするのに最適です。

ここではシンプルクロスの占い方を紹介します。

 

スプレッドの方法【シンプルクロス】タロットカードの占い方

シンプルクロスは十字の形に展開する、神秘的なスプレッドです。物事が上手くいっている時に気を付けたい事、逆に上手くいかない時には何が邪魔をしているのかを占えます。

カードを裏向きにシャッフルをして、心の中で質問の内容を唱えながらカードを2枚引き、縦に1枚、その上に横向きにもう1枚カードを重ねましょう。

下のカードが質問に対する現在の状況、上のカードは質問者を妨害するものは何かを表します。

  

12人の未来はどうなるの?

下:ペンタクル2の逆位置、上:ワンド10の正位置

 

 現在の状況:現在の二人は、何かとすれ違いが多くなっている状態の様です。例えば、相手から電話がかかってきたのに出られなかったり、逆にこちらから折り返しの電話をしても今度は相手が出られない、といった様な事が起きがちかも知れません。

一つ一つは些細な出来事の積み重ねですが、やり取りをおろそかにしてしまうと、より距離が離れてしまうかも知れませんので、注意が必要です。

邪魔していること:相手は今、仕事もプライベートも忙しく、オーバーワーク気味です。一度に色々な事を進めようとして、ギリギリな状況でしょう。

しかし、すれ違いが起こっているとはいえ、二人の関係はゆっくりと進んでいます。今はお互いに無理をせず、支え合う様に関わりながら状況が変わるのを待ちましょう。

 

例2:あの人と両思いになれる?

下:ペンタクル2の正位置、上:正義の逆位置

 現在の状況:あの人はあなたに好意を抱いています。あなたと一緒にいるのは楽しいと思っていますし、友達の様な感覚で付き合えるのも、居心地よく感じています。

このペースでしっかりコミュニケーションを取りながら、素敵な関係を築いていきましょう。

邪魔していること:もし障害があるとすれば、相手が少し優柔不断な傾向があるところでしょう。また、何かのきっかけでコミュニケーションに行き違いが起きてしまうかも知れません。しかし、相手の様子をしっかりと見極めた上で、丁寧に接していければ問題ありませんよ。

  

次へ

まとめ【ペンタクルの2】

 

 

小アルカナのカードは、数が多くて覚えるのが大変なイメージがあります。しかし、それぞれの絵柄の持つ意味、エレメントの意味、数字の意味を組み合わせれば、決して難しいものではありません。

また、タロットカードはイメージやインスピレーションを大切にする占いです。ですから、それぞれのカードの意味を少し頭に入れたら、今度はカードを見て、そこから感じるイメージを大切にしましょう。

ペンタクルの2のカードを見て、どの様な印象を持ちましたか?その印象はカードが持つ意味と、それ程かけ離れてはいないはずです。

無限の輪の中で2つの物事を選択しながら、バランスよく進めていくイメージのペンタクルの2。

2つのコインを使って流れる様にバランスを取っているだけでなく、足元もよく見てみると、片足でバランスを上手く取りながら、コインで遊んでいます。何事も器用にこなしていくイメージのカード、それがペンタクルの2です。

正位置では、そのバランスの良さから「器用」という意味や、遊んでいる様に見える姿から「陽気」といった意味になるカードでした。

逆位置では、バランスの良さがアンバランスになるという解釈でした。

この様にペンタクルの2は「バランス」をテーマにしているカードです。仕事も恋愛も趣味も、あらゆる物事をバランスよくこなして楽しく過ごしていこう。そんな事をこのカードは教えてくれているのかも知れません。

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。