タロットカード【小アルカナ ソード10】を優しく丁寧に解説

はじめに

 

占いでよく使われている、タロットカードをご存じでしょうか?

タロットカードは、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で構成された78枚の魅力的なカードです。

カードの絵柄もいろいろな種類があり、選ぶことに悩むくらい種類が豊富なのです。

古い歴史のあるデザインや、近代的で可愛い絵柄のもの、動物や植物や鉱物の絵柄などジャンルは幅広く見ていて飽きません。

 

大アルカナと小アルカナで、それぞれ物語があります。

大アルカナは“0のカード Fool”が旅立ち、いろいろな出会いを経て成長していく壮大な物語で、小アルカナは4つのスート(象徴)ごとにとても細かく物語が設定されています。

小アルカナは1つのスートで1つの物語ですが、4つのスートでの繋がりもありとても奥深い内容となっています。

【リンク】タロットカードの世界について

 

大アルカナは大きな節目や変化の時に重要なメッセージを与えてくれて、小アルカナは日々の気付きや日常での重要なメッセージを与えてくれます。

 今回は小アルカナの「ソードの10」について、解りやすくご紹介していきます。

 

次へ

タロットカード小アルカナ ソード10の意味

 ソードの10のカードは、「火・水・風・地」の4つのエレメントのうち「風属性」になります。

風属性のカードは、軽やかで広がるイメージであり理論的・冷静・思考・情報を主に司っています。

硬く鋭いイメージのソード(剣)がなぜ風属性なのでしょうか?

 

小アルカナのエレメントについて↓

【現在リンク先を修正中です】

 

上記の詳しく解説された記事を読み、他の属性と併せて小アルカナの物語の理解を深めてみてください。

 

ソードの10に限らずそれぞれのスートの「10のカード」は、1~9のカードの集大成だと言われています。 

「今の自身の状況を教えて」とカードにリクエストして、どのカードが出たのかで自身の辿ってきた道を振り返ることも良いでしょう。

そのような時、これから解説するソードの10が出てきた場合はどのような状況なのか、カードからアドバイスやヒントを得てそのメッセージをいかしていきましょう。

 

キーワード

視点を変える・救済・新たな息吹・光射す・休息・安堵・出しきる・見守る・不動・力を取り戻す・再スタート・自分のペースで・じっくり・思考を巡らせる・空っぽ・ステージアップ・乗り越える

 

ソードの10は次の大きなステップへ上がる為の休息や、大きな変化の時期にメッセージを届けるとされています。

風属性は伝達・情報・知性ですから、その全てを周りへと広げて自身を出しきったという状態です。

達成感というよりは、心身ともに空っぽで次は何を得ようかという準備期間でもあります。

ソードの10が出たら活動的になるよりも、情報を集めたり自身にとって実になる行動をしたりすることを心がけていきましょう。

本やインターネットで情報を得たり、誰かに助けやアドバイスを求めたりするのも良いかもしれません。

静かな時間を確保して好きなことに没頭し、好きなもので自身を満たすのも良いでしょう。

新たな旅へ出るタイミングは自身が決めることです。

全身にエネルギーが満たされ、自身が「よし!出発だ」と思えるまで待ちましょう。

 

また自身を後回しにして、周りの人達を優先しすぎているというサインでもあります。

自身のエネルギーはまず自身のために使いましょう。

「自身を大切にしましょう」という、ソードの10からの温かなメッセージなのです。

 

タロットカード小アルカナ ソード10の正位置

ここではソードの10が正位置で出たときの意味合いを解説していきます。

正位置で出た場合は、カードからのメッセージがダイレクトに響いてきます。

キーワードであげた意味が変わることなく、ストレートにメッセージを伝えてくるでしょう。

ソードの10正位置の意味合い 

安堵・休息・空っぽ・救済・準備期間・不動・出しきる・静かな時間・満たす・次のステージ

自身の持つ全てを出しきり、空っぽの状態です。

しばらく「お休みしましょう」という、ソードの10からの優しいメッセージです。

ソードの10は自身を後回しにし、無我夢中で周りの人たちの為・目標の為にあれこれ力を尽くしたことを伝えています。

ソードの10が出たら、自身のために時間・お金・エネルギーを使いましょう。

自身のエネルギーが戻るまで、ゆっくりと回復を待つのみです。

ホッとする静かな時間を過ごし、自身を満たしていきましょう。

 

また、次の大きなステップへの準備期間であることを表しています。

間もなく今のステージから離れて、別のステージへステップアップします。

そんな時は、莫大なエネルギーや情報が必要になってきます。

自身で情報収集するのも良いですし、誰か気のおけない仲間にアドバイスを求めたりしましょう。

 

風属性は伝達・情報・知識を司っているので、誰かに助けを求める・自身の胸の内を伝える・欲しい情報を集めるなどを実行するのがオススメです。

全てを出しきった状態はとても身軽で、新たなステージへ臆することなく進むことができるでしょう。

ソードの10のメッセージは、全てを包み込む“母”のような優しさなのです。

 

タロットカード小アルカナ ソード10の逆位置

ここからはソードの10が逆位置で出たときの意味合いを解説していきます。

正位置の意味合いがひっくり返るような、驚いたりワクワクしたりする予想外のメッセージを受け取るかもしれません。 

それでは、ソードの10の逆位置の意味合いを見ていきましょう。

ソードの10逆位置の意味合い

救済・好転の兆し・光射す・ 立ち上がる時・再生・解放・自身を取り戻す・新しい道

正位置は休息のイメージでしたが、逆位置になると「次に行きましょう」と後押しをされているようなメッセージになります。

ソードの10の逆位置のカードは十分に休息し満たされて、立ち上がるタイミングの時に出るカードです。

もちろん立ち上がるタイミングは自身で判断するのですが、ソードの10もそっと手を差し伸べてくれるようです。

 

膠着状態だった事に対して動きが出たり、煮詰まっていたことにポンとアイディアが浮かんだりと少しずつ前へ進んでいくでしょう。

心の奥底にあった感情が解放されたり、自身にエネルギーが湧いてきて活気に満ち溢れたりしてきます。

水面に雫が落ちて波紋が広がるように、急激にではなくゆっくりと広がっていくイメージです。

またラッキーなお知らせが舞い込んだり、問題に対しての解決の糸口が見えてきたりと光がふわりと降り注ぐような出来事があるかもしれません。

 

ソードの10は風属性の特徴である軽やかさで、次のステップへと導くメッセージを伝えてくれます。

今まで心地良かった人・場所から離れてしまうかもしれませんが、それは自身が成長した証でありそこに留まる必要はありません。

自身とソードの10のメッセージを信じて、大きな一歩を踏み出していきましょう。

 

タロットカード小アルカナ ソード10のお相手の気持ち

ここからは、ソードの10のカードが出た時の「お相手の気持ち」について、解説していきます。

お相手といっても、恋愛・仕事・家族と様々なお相手が思い浮かぶかと思います。

今回は恋愛・仕事・家族のお相手の気持ちに焦点を当て、正位置と逆位置からの意味合いを見ていきますのでメッセージを受け取る時の参考にしてください。

 

恋愛のお相手の気持ちについて

正位置

ソードの10正位置が出た時の恋愛対象のお相手の気持ちは、恋愛に夢中になる状況ではなく今は自身の時間を過ごしたいと思っています。

片想いの場合はお相手が過去の恋愛を忘れられなかったり、全身全霊で楽しんでいる趣味や仕事があり自身に集中していたりするため、恋愛をすることに心が向いていない状態です。

カップルの場合はパートナーがとても忙しい時期なのかも。今は2人で何かをするというより、それぞれが心地よい自身の時間を過ごしながら支え合うというように2人の距離を見直す時期なのかもしれません。

恋愛面でソードの10正位置が出たら、とにかくお相手を優しく見守ることが大切なポイントです。

 

逆位置

ソードの10逆位置が出た時の恋愛対象のお相手の気持ちは、あなたへと気持ちが傾き始めていることを表しています。

片想いの場合はゆっくりとではありますがあなたに気持ちが向いて仲良くなっていきたいと思っていたり、何かのきっかけで仲が深まったりするのかもしれません。

カップルの場合はお相手との気持ちが重なりつつあり、2人で何かを始めたり楽しんだりする時間が多くなってくるでしょう。

恋愛面でソードの10逆位置が出たら、お相手が動き出すのに合わせて自身も行動に移していくことがポイントです。

 

仕事のお相手の気持ちについて

正位置

ソードの10正位置が出た時の仕事のお相手の気持ちは、仕事のプロジェクトで全てに力を注ぎきり次のプロジェクトに行きたくても行けない状態です。

とにかくゆっくり休みたい、英気を養いたいという思いが強いかもしれません。

このような状態の時は仕事の話ではなく、お相手の胸の内をとことん聞いてあげるなど、とにかくお相手の思うがままにしてあげることがポイントです。

お相手が回復してきたら、少しずつ次のプロジェクトについての情報をシェアするなどお相手のペースに合わせて進めていきましょう。

 

逆位置

ソードの10逆位置が出た時の仕事のお相手の気持ちは、視野を広げたり方向転換をしたりして今の状況を良くしていきたいという意欲があります。

仲間と一緒に何かを達成させていきたいという思いに満ちているお相手はとてもパワフルです。

風属性のコミュニケーション能力が活性化されるため、大小関係なく些細な事でも話し合っていくと次のステップへ難なく進んでいけるでしょう。

いきなり全力で走り出すのではなく、過去のプロジェクトを振り返ったり1つではなくいろいろな可能性を探ったりしながらコツコツと進むことがポイントです。

 

家族のお相手の気持ちについて

正位置

ソードの10正位置が出た時の家族のお相手の気持ちは、思いがなかなか伝わらない状態でもどかしく感じているようです。

このような状態なので自身で何か良くなかったのではと思ったり、考え込んでしまったりしてなかなか話し合うことが出来ないかもしれません。

無理に話し合うことはせず、絡まってしまった感情が自然に解けるのを待ちましょう。

「家族だからこそ、切れることはない絆を信じましょう」とソードの10が力強いメッセージを伝えています。

 

逆位置

ソードの10逆位置が出た時の家族のお相手の気持ちは、最近なかなか話せていない、コミュニケーションが取れていない状態から抜け出したいと思っているようです。

一緒に住んでいるけれど家族との時間がなかなか取れなかったり、仕事や自身の状況によりそこまで考えが回らなかったりしたのかもしれません。

お相手が動いてきたら、自身も素直になって思っていたことを話し合うことがよさそうです。

慌てずゆったりとした時間を家族と過ごして話し合えば、もどかしいと思っていたのは何だったのだろうとお互いに心が軽くなるはずです。

 

次へ

まとめ

ソードの10について解説してきましたが、皆さんの心に響く言葉はありましたか?

正位置が逆位置・逆位置が正位置のような意味合いで、とても不思議なカードだったと思います。

自身の持っているもの全てを出しきった時、ソードの10はリーディングに出てきて、大きな変容・変化を促してくるのかもしれません。

 

正位置では「悔いはないだろうか」、「やり残したことはないだろうか」などと考えている余裕もなく、次のステップへ進むための休息に入っていきます。

逆位置では「もう十分に休んだ」、「もう少し好きなことに没頭するか」など動き出すかは自身のタイミングで決めることが重要になってきます。

また、正位置だと自身を最優先にする大切さを、逆位置だとじつは味方でいてくれる人はたくさんいるということを気付かせてくれます。

 

正位置も逆位置も「1人で考える・内観」がテーマのような、静かなイメージのカードです。

何かをするにも自身が行動基準になることが重要であり、他人任せや顔色をうかがう必要はないということを教えてくれます。

 

また、恋愛・仕事・家族のお相手の気持ちも解説しましたが、人間関係ではただただお相手に寄り添い見守ることも重要です。

ソードの10は、お相手との距離感・ペースを合わせること、お相手だけでなく自身にエネルギーを向けることも大切だとアドバイスしてくれます。

お相手の状況が少しでもわかると、自身の心も軽くなり日々に活気が湧いてきます。

ですからソードの10からのメッセージを受け取って、お相手との仲を深めていきましょう。

 

ソードの10が出てきたらドキッとすることもあると思いますが、この解説を読んで理解を深め、状況に応じた解釈ができるようになって頂けたら幸いです。

素敵な時間を、タロットカードとともにお過ごしください。

 

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。