タロットカードの小アルカナ【ソードのクイーン】の意味や解釈<恋愛・仕事・逆位置の意味>

はじめに



大アルカナ22枚を除いた残り56枚のカードが小アルカナです。英語ではMinor Arcana(マイナーアルカナ)といいます。小アルカナはワンド(木の棒)・ペンタクルス(金貨)・ソード(剣)・カップ(聖杯)の4つのスートにわかれ、それぞれが1~10までの数字のカード(スートカード、もしくはニューメラルカード)とペイジ・ナイト・クイーン・キングという人物札(コートカード)からなっています。



このカードの構成、何かに似ていると思いませんか?

そう、トランプです。ワンドはクラブ、ペンタクルスはダイヤ、ソードはスペード、カップはハートに相当します。

そして、4つのスートは「火・地・風・水」の万物を構成する四大元素に対応しています。



今回は小アルカナのなかでもソードのクイーンについてお話していきます。

最後までぜひご覧ください。



次へ

タロットカード【ソードのクイーン】とはどんなカード?


【四大元素の法則】における風のエレメントを司るソード



風はタロットでは剣=ソードとして描かれています。刃物・武器である剣と風は一見関係ないように思われますが、実は関係があります。


そもそも風とは私たちの生活で何を象徴しているでしょうか。そこから読み解いていく必要があります。


四大元素の「風」を理解するとき、風が実際に自然界の中でどんな働きをするのか、ということを考えてほしいのです。


風は私たちの周りにある「空気」や「大気」とも置き換えられます。そして空気は私たちに「酸素」という情報を運んでくれます。それだけではなく、

・音(空気の振動で伝わる)
・香り、ニオイ
・温度
・花粉(DNA)
・音=言葉

なども風に乗って届けられます。噂話を「風の便り」といいますよね。つまり風は私たちに必要なあらゆる情報を運んでくれる働きがあります。


次に「剣」とはどんな道具か考えてみましょう。そう戦いの道具ですね。


昔の人はなぜ、このような道具を作り、使ってきたのでしょうか。身を守るため、そして戦うためです。戦って領地を勝ち取るためです。その道具として「剣」が使われました。


もっとニュートラルな表現をするなら、制限を加えるための道具、といえます。以上より、剣は制限の象徴になります。


さて、先程の風の話を思い出してください。風は私たちに必要な「情報」を運ぶものであり、風は情報を象徴していました。


一方、タロットに描かれている風を象徴する剣は制限を象徴しています。つまり風が象徴するのは情報であり制限といえます。


情報と制限は別のもののように思われますが、よくよく考えてみると、この現代社会で「制限をもたらすもの」は「情報」だと思いませんか。


昔の人は剣で人を傷つけたり、救ったりすることもあったでしょう。同じように情報で人を傷つけることもできれば、救うこともできる、そう考えれば理解しやすいかと思います。


ペンは剣よりも強し、というようにペン=言葉(情報)は剣よりも強いということです。

【図像の法則】における過去志向を表すソードのクイーン



「図像の法則」は「時間と空間の中で起こる出来事そのもの(結果)」を担当しています。
数・四大元素・図像の3つの要素が組み合わさって現実的な出来事が起こるということであり、それを表したのが小アルカナ1枚1枚のカードなのです。


タロットカードの上下・左右・遠近・色使い・描かれているキャラクターに図像の法則が見られます。すべてのカードがこの法則にきれいに当てはまるというわけではなく、カードによってはこれらの法則が部分的に使われているものもあります。


・上下:上は顕在、下は潜在的な事象を表します
・左右:向かって左は過去、右は未来を表します
・遠近:近くは今、もしくは過去、遠くは未来を表します
・色(背景):そのカードの行く末、予想を表します
・色(キャラクター):そのキャラクターの性質を表します


これらの図像の法則を理解しておくと、カードからのメッセージをより具体的で表現豊かなものにしてくれるのです。


これをもとに考えると、ソードのクイーンは、過去のデータをもとに決断する、と読み解けます。

【コートカード】におけるソードのクイーン



女王(Queen):座っているだけで影響力大



一般的に「王」に相当する地位を指します。現代では「〇〇女王(クイーン)」などその分野での第一人者や実力を持つ人の比喩として、また矜持や気品あふれる人を表す言葉としてもつかわれることもあります。



リーディングでは、影響力があり年上、立場が上の登場人物として解釈するほか、「権威」「愛情深さ」「慈しみ」「自尊心」「ビジネス上の成功」の象徴として解釈することもあります。四大元素でいうと「水」の役割を持ちます。



風×水の性質を持つソードのクイーンはソードのキング・ナイト・ペイジよりも一番きっぱりとしていてクールな人物といえます。感情には流されずに理知的に物事を計り、決断していく能力にたけた人物です。つまり、合理的に判断する気高さ・中庸であり続ける姿勢を貫く、といった冷静沈着さを持ち合わせています。



ソードのクイーンの素質を持つ人は他の人と比べてきっぱりしている、ということを教えてくれているのかもしれませんね。ちなみに、きっぱりさはクイーンがトップで、次いでキング、ナイト、ペイジの順になります。



【ソードのクイーン】が出たときの意味



以上の法則をを知ったうえで改めてソードのクイーンの解釈を導き出していきましょう。



「四大元素=原動力」に「女王」という役割を掛け合わせて解釈をしていきます。



ソードのクイーンから導き出される解釈例は人物像でいえば、論理的・現実的・厳格な人物です。

心理状態は強い意志を持ち合わせており、妥協なくやりたい・きっぱりと決断したい・単刀直入でありたい・厳格でいたい、と解釈できます。



正位置の意味



キーワード:感情より理性的な判断が求められる、冷静沈着、偏らないフラットな心など


あなたは今、何か判断しなくてはならない局面に立たされているかもしれません。ここでは感情に流されることなく、できるだけ合理的に・理性的に考えることで必ず最善の答えを導き出すことができます。これはあなたが過去に経験してきたことや知恵が力となって発揮されているからです。今までの経験則を十分に活用して素晴らしい結果をもたらしましょう。


もし悩んでいることがあれば、このクイーンのような公正な判断ができる人物に相談すると、良いアドバイスをもらえるでしょう。

逆位置の意味


キーワード:完璧主義、感情表現が非常に敏感、気持ちが揺れ動くなど



常にあらゆることに気を配る繊細さが裏目に出て神経質になりやすいときです。他人のささいな言動に気持ちが揺れ動いたり、つい声を荒げてしまうことがあるかもしれません。言葉を表すソードの刃で、相手やあなたが傷つくことがないよう、気持ちを落ち着かせてニュートラルな自分を保つように心がけましょう。



逆位置の読み方のコツは「なぜ逆位置なのか」ということに思いを巡らせるとそれがメッセージになります。正位置であっても逆位置であってもカードが持つ性質は変わりません。カードが持つ性質(キーワード)にこだわりがあるからこそ、何かが起こることを示しているのです。



もし、逆位置が読みづらい場合は以下のようにして読んでみましょう。


1.まずは正位置のまま解釈してみる

2.なぜ今、正位置のようなエネルギーが発揮できていないのかを考える

3.2を発展させ以下のように読んでみる

 ・正位置の解釈が薄れている

 ・正位置の解釈が裏目に出ている、反対の方向に進んでいる

 ・正位置の解釈がうまく発揮できていない


あまり理屈で考えるとかえって言葉が出てこない場合があります。どれが理屈に合うか、よりも目から得られる情報や呼び覚まされる感覚、ご相談者様もしくはご自身との対話を何よりも大切にしてリーディングしてください。



タロット占いでの【ソードのクイーン】の解釈<恋愛・仕事>


恋愛についての占いの解釈

正位置の場合



あなたはこのソードのクイーンのように公正な判断ができる人物なので、悩み相談に乗っているうちに恋が芽生えたり、年下の異性に慕われている可能性があります。



精神的に強い結びつきにより、しかしきちんとお互いに自立しあった大人の恋愛を楽しめるでしょう。今のあなたには「知的な雰囲気」や「聡明さ」が魅力としてあふれているため、相手との会話を楽しみながら関係を深めていくことができます。



また、このソードのクイーンにはあなたに良縁を紹介してくれる相手を示す場合もあるので、お見合いや人づての紹介などがあれば、誠実で思いやりを持って節度ある態度で臨みましょう。



逆位置の場合



恋愛をテーマに占ったとき、ソードのクイーンが逆位置で出た場合、知性的であるがゆえに、恋愛に対してクールになりすぎているかもしれません。


素直に気持ちを伝えるのは恥ずかしい・みっともないなど感情を抱いてはいませんか。プライドが邪魔をしてつい意地を張ってしまうことで相手に「自分のこと好きではないんだ」と勘違いをさせて傷つけてしまったり、片思いの相手に素っ気ない態度をとってしまってちょっと損をしているかもしれません。


自分の価値観を見直すタイミングだと教えてくれているので、誠実さや公正さを大切にして、異性と向き合うよう心がけましょう。

仕事についての占いの解釈


正位置の場合



仕事に関する占いで、ソードのクイーンのカードが正位置で出た場合、絶好調に仕事が進んでいることを意味します。コミュニケーションもスムーズにとれている時期であり、この時期に始めた新規プロジェクトは成功の兆し、と読み取れます。



周囲に対する心配りも出来ているので、職場でのちょっとした気遣いを通して、特に年下や部下から「素敵だな」と憧れられたり尊敬されたりします。



また、このカードは合理的で論理的な判断が求められるため、決断を下すときにも理性的な選択を望まれたり、公平な活動が促されていると解釈できます。



仕事探しや転職についても感情に流されて選ぶよりも、公正な目で判断することを求められています。



逆位置の場合



準備が整っていなかったり、資料に不備が見つかったり、あなたのもとにたくさんの情報が舞い込んできて、どれから手を付ければいいのかわからなくなっているかもしれません。普段はクールで素敵なビジネスパーソンなのに、その力がうまく発揮されていない状況です。



こんな時こそ、キーワードである「合理的で公正な判断」を思い出し、冷静に物事を見極め、判断していきましょう。



あなたにはすでに「ソードのクイーン」のような冷静沈着さや公平さは持ち合わせています。深呼吸で気持ちを落ち着かせて頭の中をクリアにして問題に向き合ってみてください。



次へ

まとめ



風のエレメントに対応する【ソードのクイーン】は物事の本質を見抜き合理的に判断するカードです。



ソードのクイーンはクールな印象を持たれがちですが、どちらか一方に肩入れして公正さを欠くのを防ぐためにあえてそう見せているところがあります。気高く、中庸であり続けるその姿勢は多くの人から尊敬の念を抱かれています。



正位置の場合は公正な立場として相談役を頼まれたり、人に意見を求められるということも多いでしょう。

また、あなた自身が悩んでいるときには理性的な考えで答えを導き出したり、ソードのクイーンのような人物に相談すると良いアドバイスをもらえます。



逆位置の場合は気を配りすぎて感情表現が非常に敏感になっていることを教えてくれています。そのせいで他人のささいな言動に気持ちが揺れ動いたり、つい強く主張してしまうことがあるかもしれません。



「ペンは剣よりも強し」ということわざを思い出して、ペン=言葉(情報)を正しく扱うために、気持ちを落ち着かせて表面的なことに惑わされず、核心を掴んでいくようにしましょう。



逆位置でも「ソードのクイーン」が持つエネルギーはきちんと持っていますが、今はそれがうまく活用できていないということ。公正な目で判断する力は持っているのですから、気持ちをフラットにして物事を見極めれば、あなたなら必ず正しい道を選ぶことができますよ。



タロットカードの小アルカナ【ソードのクイーン】が教えてくれる意味や解釈をしっかりと理解して、あなたの行動指針にしてくださいね。

 

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。