タロットカードの小アルカナ【ワンドのペイジ】があなたに伝えること

はじめに

あなたはタロット占いにどのようなイメージをもっていますか?

神秘的で、特別な力があると思っている方も多いかもしれませんが、タロットカード占いは、とても実用的なものでもあります。

人生の一大事について決断する時も、ちょっとしたことで迷ったときも、タロットカードに聞いてみれば、何か手がかりがつかめるかもしれません。

あなたの知りたい答えは、カードの中にあります。

じっくりカードを見つめて、イメージを膨らませると、いろいろ感じることができます。

この記事では、そんなタロット占いにおけるカードの一部【ワンドのペイジ】について詳しく解説していきます。

 

次へ

そもそもタロットカードって?

タロットカードの種類

一口にタロットカードといっても、その種類は様々です。

カードの図柄も豊富で、世界各国の神話やおとぎ話をモチーフにしたものも数多く存在します。

1組78枚は【大アルカナ】と【小アルカナ】に分けられる

タロットカードは基本的に78枚で1セットになっています。

この1セットをデッキと呼びます。

1セット(1デッキ)78枚は22枚の大アルカナ、16枚のコートカード、40枚の数字カードをまとめて小アルカナと呼んでいます。

カードを見分けるコツ

カードがたくさんありますが、パッと見分けるコツがあります。

大アルカナは、天使や天体が描かれた立派な図柄で、基本的にカード上部にローマ数字が、下部にカードの名前が書かれています。

大アルカナには、心の奥底や、真実を解き明かすヒントになる象徴が描かれ、人の成長に関係する、大きな出来事や変化を教えてくれます。

 

ローマ数字のⅠ(1)は誕生、XXⅠ(21)は完成などと、人間の成長段階を表すともいわれています。

 

コートカードは王、女王、騎士、従者といった宮廷の人物が描かれ、下部に名前が書かれています。

数字カードは、日常的な生活の様子が描かれ、上部のローマ数字しかありません。

コートカードのコートとは宮廷(Court)のことで、宮廷にいる【王】【女王】【騎士】【従者】の階級を表します。

【王 KING】常に王座に座っています。

基本的に成人男性を表しますが、男女問わず頼もしいリーダーや責任者、強い力を持つ立場の人を意味することもあります。

【女王 QUEEN】女王も王座に座っています。

基本的に女性全般を表しますが、女性的な要素をもった存在も含みます。

補佐役など、世話をしたりする立場の人も表します。

【騎士 KNIGHT】甲冑(かっちゅう)に身を固め、馬にまたがっています。

基本的に青年ですが、男女問わず若い人を表します。

同年代の友人や、リーダーのもとで奮闘する立場の人です。

【従者 PAGE】子供を表しますが、男女問わず子供っぽい人、年の離れた弟妹、未熟な人、後輩や新人などの従う立場の人も意味します。

 

数字カードの特徴

数字カードは【ACE】(1.エース)から【X】10まであり、ACE以外は名前がかかれていません。

また描かれている人物は、日常生活の場面で登場します。

そして【棒の3】には3本の棒が、【金貨の6】には6個の金貨がというように、スートが人物や背景とうまく絡み合って描かれています。

 

タロットカード【ワンドのペイジ】の絵柄には、どんな意味があるの?

「そもそもタロットカードって?」の部分でタロットカードについて、簡単にご理解いただけたと思います。

今回は数あるタロットカードの中でも、【ワンドのペイジ】について詳しく掘り下げていきます。

今回はライダー版の絵柄について解説します。

 

両手に棒を持つ若者は、青空(もしくは棒の先端)を見上げながら、何かを告げようとしています。

象徴(シンボル)の解釈

トカゲ模様の黄色の服と帽子の赤い羽根

黄色は幸福や希望を、赤は情熱を意味します。

トカゲは火トカゲ(地・水・風・火の4大精霊のうち、火を司る精霊、妖精であるサラマンダー)であり、ワンドの性質そのものを意味します。

すなわち、活力や熱意、エネルギーなどです。

古代西洋には火、地、風、水の四大元素で世界が成り立っているという考え方がありました。

それをタロットのスートに関連づけて、熱い炎を棒、固い地を金貨、鋭い風を剣、無形の水を聖杯とする説があります。

またトランプに置き換えると、聖杯は水を表し、生命の根源的なもの=ハート、クラブはデコボコした棒、スペードは剣、ダイヤは経済的に価値のある金貨のイメージとも関連しています。

帽子の赤い羽根は、大アルカナの【0.愚者】にもありました。

赤い羽は、欲望、情熱、真実の象徴です。

青空と砂丘(またはピラミット)

青空は、雲ひとつないスッキリとした様子で、晴々とした気持ち、すがすがしさなどを表し、砂丘は冒険や探検を意味します。

芽吹いた木のこん棒、人物

棒(ワンズ)は意欲と行動を表します棒のカードには、成長と発展の精神が秘められ、目的に向かって一直線に動く様子が描がかれています。

火を灯すとエネルギーを発する要素があったり、武器にも利用できたりと、生命力や情熱を表しています。

棒に生えた若葉がその表れで、生きていて成長を続けていること、活力と成長発展を表し、考えるより実際に行動することで向上します。

 四大元素の火に関連する棒は、熱、光、火のイメージから、明るく目立つ、行動的で意欲的な人を表します。

オープンな性格で熱しやすく、勢いづいたらそのまま進んでいきます。

 

タロットカード【ワンドのペイジ】の正位置にはどんな意味があるの?

 

 

 

1.全体

【ワンドのペイジ】の正位置は、未来に希望を抱く純粋さと、それを実現しようとする熱意を表し、エネルギー、活力、成長、創造、情熱などを意味します。

純粋な目で未来を見つめている状態を示し、夢に向かって順調に歩み出している暗示です。

若さゆえか、失敗することなどの不安よりも、期待やワクワクで胸がいっぱいの状態を表します。

気持ちを落ち着けて、地に足を付けて進むことを心がければ順調にいくでしょう。

2.恋愛

【キーワード】心から恋愛を楽しむ/新たな異性との出会い/恋の駆け引きに興じる/年下の異性

恋愛について【ワンドのペイジ】の正位置が出た場合、初恋のようにワクワクする、フレッシュな恋愛になると考えられます。

そして、その恋はあなたを幸せに導き、心から恋愛を楽しむことができるでしょう。

フリーの人は新しい恋が始まりそうです。

ライバルがいても前向きな気持ちで、恋の勝利を勝ち取ろうと頑張る意欲が湧いてくるでしょう。恋の駆け引きを、思う存分楽しむことができそうです。

出会いを探している人は、年下の異性と急接近するチャンスが増えそうです。

相手の若々しく元気なパワーは、あなたに新鮮なときめきを運んでくれるでしょう。

恋人がいる人は、相手と一緒にドキドキする時間を過ごせそうです。

お互いに夢中になり、ラブラブなムードが漂います。

自分の気持ちを、相手に素直に伝えることで、素晴らしい愛の時間を楽しめるでしょう。

3.仕事

【キーワード】抱えている仕事に集中する/目の前の仕事を通しスキルを習得する/海外事業/新規事業/出張/転勤/リーダーシップ

仕事について【ワンドのペイジ】の正位置が出た場合、冒険心による新たな可能性や、いい知らせを手にすると解釈できるので、仕事に新規のプロジェクトや出張による成果が見込まれます。

今までにない、大きな変化が起こる可能性があるため、思いがけない仕事が舞い込み、退屈しらずの生活になりそうです。

また新しい仕事を始めるチャンスでもあり、情熱と好奇心をもって、挑むことができることを表しています。

事業をされている方なら、未知なる業界からいい知らせが舞い込んだり、事業に新たな展開が見えてくるなどの可能性が広がります。

 

タロットカード【ワンドのペイジ】の逆位置には、どんな意味があるの?

 

 

1.全体

【キーワード】良くない知らせ/優柔不断/未知への恐れ/浮足立つ/未熟さ

【ワンドのペイジ】の逆位置は、正位置の意味とは一転して、新しいことに挑戦してみようという前向きな気持ちになりにくかったり、判断に迷ってしまったりすることを意味します。

ひとつのことになかなか集中できず、気持ちが定まらない様子を表すこともあります。

新しいことに挑戦してみたけれど、思い通りの結果が得られないこともあるでしょう。

そのため、このカードからのメッセージは【良くない知らせ】といえるものになりそうです。

しかし自分に何が必要なのかを問いかけながら、落ち着いて進むようにすれば大難を小難へと変えられるでしょう。

2.恋愛

【キーワード】新たな異性の出現による心変わり/隠し事がばれる/自分の気持ちを優先してしまう

恋愛について【ワンドのペイジ】の逆位置が出た場合、相手の気持ちよりも、自分の気持ちを優先してしまいがちな恋愛になってしまうかもしれません。

自分の気持ちに素直に行動しているだけなのですが、無意識のうちに、途中で気持ちが変わってしまう可能性もあります。

もしくは自分の気持ちや意思の強さをうまくコントロールすることができず、相手の気持ちよりも、自分の意思を通そうとしてしまうこともあるでしょう。

相手と気持ちがすれ違い、お互いの心に距離ができてしまうかもしれません。

また新たな異性の出現によって、浮気や心変わりをすることにも注意が必要です。

今まで密かに隠し事をしていた場合、それがばれることもありそうです。受け答えなどを慎重にするようにしましょう。

3.仕事

【キーワード】利己主義が災いし、窮地に陥る可能性/行動がともなわない/コミュニケーション不足/秘密漏えい/ハッカー

仕事において【ワンドのペイジ】の逆位置が出た場合、新規事業の一時的な停滞や、誘惑が舞い込むことを意味します。

コミュニケーションがうまく取れず、一時的にスムーズに仕事が進まなくなるケースもあるでしょう。

経験不足や勉強不足のため、思っていたのとは違う評価がよせられる可能性があります。

思いつきの行動はせず、しっかりと考えをまとめてから行動に移すようにしましょう。

 

タロットカード【ワンドのペイジ】が出た時の対策って?

 

1.正位置で出た時の対策アドバイス

【ワンドのペイジ】の正位置は、あなたに未来への希望を与えてくれるカード。

素直に目の前にあるものだけを見て、ひたむきに努力しましょう。

あなたにはその熱意とやる気があります。

周囲の目や評価などの余計なことは考えず、あなたの思うままに突き進んでいきましょう。

あなたの情熱が、あなたの未来を切り開きます。

恋愛では新しい出会いがある予感や、良い知らせが舞い込むことも示しています。

魅力的な異性から、愛の告白をされるかもしれません。

今の時期は思いっきり恋を楽しんでみましょう。

 

2.逆位置で出た時の対策アドバイス

【ワンドのペイジ】の逆位置は、あなたが楽観的になっていることや、気持ちがふわふわしていることを示しています。

未来への希望を語るのはたいへんよいことです。そこに反骨精神(時代の風潮、世論に反抗する気概)や気まぐれがないかどうか、自らを省みてみましょう。

責任ある言動と、相手の立場になって物事を考え行動することができれば、物事はいい方向へ進んでいくでしょう。

そして判断に迷った時は、自分だけで決めずに周りの人に相談しましょう。

自分では思いつかなかったアイディアや知識を得ることができ、問題解決への糸口が見えるかもしれません。

自分の考え方とは違う人の意見も受け入れ、相手を選ばずに、素直な態度で接しましょう。

そんなあなたの行動を見て、周りの人は、あなたが困ったときにはきっと手を差し伸べてくれることでしょう。

相手に対する謙虚な気持ちを忘れずに、あなたの持っている強い意志で行動できれば、正位置のような無邪気で純粋なエネルギーに変化させることができます。

 

次へ

まとめ

 

 タロットカードにおける【ワンドのペイジ】の情報をまとめてみましたが、いかがでしたか?

【ワンドのペイジ】の正位置には、情熱的でポジティブなイメージがあり、逆位置には、自己中心的な部分が表れている様子が暗示されています。

このように【ワンドのペイジ】については、コインの裏表のような、良い面と暗い面、両方が暗示されているカードだといえます。

占い結果が良いとすごく嬉しくなりますよね。

誰だって「本当に実現すればいいな~」「占いが当たってほしいな~」と思うものです。

反対に占い結果が良くなかったときは、落ち込んでしまいますよね…

でも落ち込む必要はありませんよ。

タロットカードの逆位置がもつ意味は、どうしてもマイナスなイメージになりがちですが、大切なのは「その結果をどう受け止めるか」ということです。

占いを通じて対策を立てたり気を引き締めたりすることで、良い結果に導くことができます。

占いの結果は、自分を見つめなおしたり、新たな気づきを得るために参考にするためのもので、それに盲従(自分で判断することなく従うこと)するためのものではありません。

悪い結果は絶対的な未来ではなく「変えるべき未来」として受け止めましょう。

なぜなら未来というのは、私たちの行動や物事の選択によって作られるものだからです。結果を受け止め、悪い結果を回避するような行動をとることができれば「未来を変えることができる」のは事実です。

そうならないためにはどうしたらよいか、前向きに考え行動することで、きっと明るい未来が待っているはずです。

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。