タロットカード 小アルカナ『ペンタクルのナイト』の意味や解釈を分かりやすく解説

 

はじめに

 

タロットカードの小アルカナカードには、ワンドやカップ、ソード、そしてペンタクルがありますね。

タロットカードを始めたばかりでしたら、カードの多さに覚えることが多くて苦労しているかもしれません。

特に小アルカナは大アルカナのような強いメッセージ性は感じにくく、読みづらいと思う方もいらっしゃるでしょう。

小アルカナは、大アルカナとは違って日々の小さな出来事や、心の変化を主に表します。

たくさんのカードもよく見ていけば、きっとカードからのメッセージに気づくことができるはずです。

今回はその4種類の中のペンタクルの、ナイト(騎士)のカードについて詳しく説明していきましょう。

 

 

次へ

ペンタクルのナイトについて

「ペンタクル」とは

小アルカナには4つの種類があり、ワンド(棒)が火、カップが水、剣が風、そしてペンタクルは土を表します。

 

ペンタクルはコインや金貨などと呼ばれています。「お金」から想像できるように、これは「物質的な価値」のあるものを表しています。

そして4種類の小アルカナの中でも一番「現実」や「現実的なことがら」を象徴し、財産や資産などの、有形または無形の価値を表すため、しばしば金銭に関することを示す時も多くあります。

 何かトラブルのあった時にこのカードが出たら、金銭に関するトラブルを指すこともあります。

 

 

ペンタクルナイトの人物像

このカードが人物を表している場合、一言で言えば「真面目な人」です。

流行に流されることもなく、自分をしっかり持っています。

要領もよく、行動にも無駄がありません。

 

例えば、学生であれば、きちんと毎日予習、復習、課題は忘れない、試験では必ず良い結果を残します。それも持って生まれた才能や運ではなく、誰もが見てわかるくらいの「努力」をした結果のものです。

旅行の計画となれば、タイムスケジュールはきっちり、観光地の下調べはばっちり、忘れ物チェックも3回くらいやっている、まさにそんなタイプの人物でしょう。

とにかく「計画」にぬかりなく、慎重です。

計画通りにコツコツと慎重に物事を進めていくため、日常生活や仕事、恋愛などでも大きな変化や驚きはありません。

地に足のついた、心も身体も安定した状況を表すカードなので、現状で安定しているのであれば、特に逆らったり珍しいことをしたりせずに、流れに身をまかせることで今現在の努力が報われるでしょう。

 

もし逆位置で出た場合は、一般的には「保守的」や「頑固」が多くキーワードに挙げられます。

どちらにしても、正位置での「地道さ」が行き過ぎていたり、足りなかったりするというもので本質的な意味は変わりません。

普通に努力しているつもりでも、気づかないうちに内心は飽きてしまっていたり、不満がたまって来ているのかも知れません。

自分の目標や夢を、もう一度原点に帰って見つめなおしてはどうだろうか、というメッセージでもあります。

少しでも迷ったり、進むのにためらったりしたときは、そのままにせずに一度考えることによって小さくとも一歩進むことができるのです。

まさに、ペンタクルのナイトは「小さな一歩」。

「大きな前進」ではありません。ほんの小さな一歩でも積み重ねることを大切にしましょう、ということを示しています。

 

 

ペンタクルナイト 恋愛について

正位置

恋愛のタロットリーディングにおいて、相手の気持ちでペンタクルナイトが出た場合の、カードの表す意味です。

正位置で出た場合は相手はあなたに対して好意的な印象を持っています。

とても誠実な思いで、大切に思っていますが、性格ゆえに慎重に進んでいきます。

急激に恋に落ちて大恋愛…というわけではなく、徐々に仲良くなりたいと思っているようです。

ですので、ドラマのような急展開や大きな障害を乗り越えて、壮大でロマンチックな恋愛をしたい方には物足りない相手かもしれません。

サプライズやキュンキュンするような告白はないけれど、真面目に愛情を注いでくれるでしょう。

刺激よりも安定、家庭を大事にします。

奥さんや子供のことをとても大切にする人が多いようです。

 

タロットカードの種類で見れば、小アルカナカードは4種類ありますので、当然ナイトも4人いますが、このペンタクルのナイトは一番地味で真面目です。

ワンドのナイトのようにメラメラ燃える炎のようでもなく、カップのようにロマンチストでもなく、ソードのようにかっこよく気取ってもいません。本当に現実を見据えた恋愛観の持ち主です。

経済観念もきっちりしていて責任感もあります。

感情表現は比較的下手で、あなたを好きが故にぶっきらぼうな態度をとることもあるかも知れません。うまくアプローチができない場合もあります。

ただペンタクルナイトは真剣で、真面目な性格なので辛抱強く待って、あなたも恋を成就させるために自分磨きをしたり、お相手に少しずつ寄り添いましょう。

 

恋人同士であれば、お相手は初めから将来のことも考えてお付き合いをしているようです。派手なアプローチや情熱は感じられないかもしれませんが、あなたのことは心から大事に思っています。

結婚を考えるタイミングでペンタクルナイトが出た場合、決断には良い時期と言えるでしょう。

経済的にも安定しているので、金銭的にも困ることはなく円満な家庭が築けそうです。

周囲からの賛同や祝福も得られることでしょう。

 

また、結婚後も結婚前も浮気の心配はなさそうです。

責任感が強く、モラルや倫理に反することを嫌います。

(例えこのカードが逆位置ででたとしてもこの部分は変わりません)

あなたのことをずっと大切にし続けるでしょう。

ただ、お相手はプライドが高く少々頑固な傾向にあります。もしあなたも意志が強く弁が立つタイプでしたら、時々衝突して喧嘩になることもあるかも知れません。

結婚後はあなたが少しだけ大人になって、相手のプライドを傷つけないように柔軟な姿勢で向き合うように努めれば、長く良好な関係を築くことができるでしょう。

 

また、別れた相手と復縁を願う時にこのカードがでた場合、復縁の可能性は高いと言えます。

ただ前述したように慎重になっているため、同じ過ちを繰り返さないようにするにはどうしたら良いか、自分の悪かったところはどんなところなのかをしっかり考えるので、復縁までの道のりには時間が必要になります。

そして外見を磨いたり、相手の気を引くようなことをしても簡単には相手の心は戻ってきません。

大切なことは、内面の成長や自立です。

相手も自分の悪かったところを見つめなおしているのと同時に、あなたのことも今後もし復縁した後のことを想像しています。

もし自分を見つめなおして、わがままだったとか子供っぽかったとかいうことがあるのでしたら、付き合っていたころよりも素敵な自分になれるように努力しましょう。

そしてお相手も、もう傷つきたくないという気持ちが強くなっていることもあるので、しっかりと向き合って解決していきましょう。

 

逆位置

例え逆位置で出たとしても、ペンタクルナイトの本質は変わりません。

元々持っている「真面目さ」や「慎重さ」が出すぎているか、もしくは足りないということです。

あなたに対して、まだそれ程興味を持っていないということを表しています。

恋人同士であれば、惰性で付き合っていないか、真面目さはあるか、もう一度付き合い方を見直したほうがいいかも知れませんよ、という助言ととらえると良いでしょう。

別れた相手との復縁を望むときにこのカードが逆位置で出たら、相手が「同じ過ちを繰り返すのではないか」と恐怖心や不信感がつのっていて、なかなか復縁の気持ちを受け入れてくれそうにもありません。

辛抱強く待っていても、その態度が変わらないのであれば、すっぱりと諦めて次のステップへ進むという道も選択の一つです。

 

 

ペンタクルナイト 仕事について

正位置

仕事に関して占ったときにペンタクルナイトが正位置で出た場合、あなたの努力が報われこれまでよりも大きく躍進できそうな予感があります。

元々の意味が、たくさんの争いごとを乗り越えて勝ち抜き、成果を手にする(報酬を得る)ということを意味しています。

仕事では特にあなたの真面目な勤務態度、コツコツと努力する姿勢、責任感が高く評価されます。

それに伴い、近々大きな仕事を任されることになるかも知れません。

派手なパフォーマンスはありませんが、日々小さな努力の積み重ねは確実にあなたのスキルアップにつながっています。

それを評価してくれる人も必ずどこかにはいるのです。

年長者からの受けがとても良いので、上司には好かれ信頼されるでしょう。

 

また、表舞台にたつ仕事ではなく、裏方に徹する仕事をこのカードが示すこともあります。

まさに、「縁の下の力持ち」です。ぱっと見、人目につくことはそんなにありませんが、かならずどこかで誰かの役に立っていて、その人なしではありえない立派な仕事です。

責任感のある人物と周りに認められているため、重要な仕事を任されることもしばしばあります。

チャレンジ精神も旺盛で、常に目標を持って仕事に取り組みます。

 

逆位置

今の仕事に飽きてきていないか、情熱が薄れていませんか、というメッセージです。

強い意志を持ってコツコツと頑張ることができなくなっている状況にあるようです。

集中力が切れて、今までのような成果があげられなくなってきている時期だと言えます。

 

その状況を打破するには、やはり集中力を取り戻すことです。自分ひとりではなかなか難しいことかもしれません。まずは、あなたに親身になってくれている上司や同僚の言葉に耳を傾けてみましょう。

今まで自分だけを信じてやってきていた人も、必ず新しい発見や、心がスッと軽くなる瞬間があるはずです。

難しい仕事でも投げ出さず、もう一度初めからやってみること、思ったより進まなくても小さな一歩を踏み出せばそれは前進に変わりありません。

小さなことでも達成の喜びを感じることができれば、また頑張ることができますし、今後の成長につながることでしょう。

 

 

ワンオラクルでペンタクルナイトがでたら

タロット占いを始めたばかりの頃は、ワンオラクル(一枚だけ引いてカードリーディングを行う)の占いを何度も練習することだと思います。

タロット占いは、占いたい事柄を具体的に決めておかないと出た結果もまた漠然としたものになりがちです。

ワンオラクルで、恋愛運や仕事運を占ったときの意味は前述したとおりなのですが、

「本日の運勢」のようにおみくじ感覚で引いた場合のペンタクルナイトの意味も解説しておきます。

 

正位置

・新しい目標が持てそうな予感

・年上の人と良い関係になれそう

・真面目に取り組むと吉

・意志は強く持って自分を信じよう

・頑張りが報酬となるかも知れません

逆位置

・融通が利かなくならないように気を付けよう

・こだわりすぎて頑固にならないように

・自分の目標をもう一度見直そう

・お金のトラブルに注意

・恋人とマンネリにならないように工夫を

などです。

今日の運勢、というのはかなり漠然としたテーマではあるので、解釈はその人その人に合ったものとなります。

タロットカードの占いは比較的短期間を占うことが多く、長くても1~2か月程度といわれています。

ホロスコープなどの展開方法で1年の運勢を占うものもありますが、大体は短期間の結果を表すものなので、「助言」としてうまく活用することによって、「どうすればよいか」や相手の気持ちが明確になり、現在の状況を良い方向に変える努力をすることができます。

 

 

次へ

まとめ

ペンタクルのナイトについて説明をさせて頂きましたが、少しずつわかってきたことだと思います。

真面目で実直、質実剛健という言葉がしっくりくるカードです。

現実的で粘り強く、物事を成し遂げることを表し、慎重に着実に計画を進めていけば、あなたは目標を達成することができるということを示唆しています。

時に、ナイトのカードは極端になる性質を含んでいますので、今のあなたにとってポジティブなものなのか、忠告のカードなのかを見極める必要があります。

信念を貫こうとするあまり周りからみて頑固になっていないか、融通の利かないほどの几帳面になっていないか、見直してみると良いでしょう。

どのカードもポジティブな面とネガティブな面が存在します。

どちらの面もよくみて、今のあなたにとってなにが最良かを考えていきましょう。

きっとあなたにとって必要な助言となることでしょう。

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。