タロットカード小アルカナ「ワンドの4」の意味と読み取り方

はじめに

 

タロットカードには大アルカナ22枚と小アルカナ56枚、合計78枚のカードがあります。

 

大アルカナ22枚の意味を覚えるだけでも大変なのに、さらに56枚の小アルカナまで全て覚えようなんて無理だと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

小アルカナは4種類のスートに分かれていて、各スートに4枚の人物カードと10枚の数字カードがあります。

スートと数字にはそれぞれ意味があり、同じスートの1から10のカードを通して見ると1つの物語になっているのです。

 

そのことを理解してカードを読み解くようにすれば、カードの持つ意味がだんだん分かるようになってくるでしょう。

 

今回は小アルカナ「ワンドの4」が持つ意味と、具体的な解釈のしかたについて解説します。

 

タロットカードの「ワンド」についての説明はこちら

リンク(ワンドについて)

 

タロットカードについて深く知りたい方はこちら

リンク(タロットカードの世界について)

リンク(タロットカードの歴史について)

 

次へ

タロットカード「ワンドの4」の基本的な意味

「ワンドの4」の基本的な意味は「平和な休息」「ひとときの安らぎ」です。

 

タロットカードの小アルカナには4つのスートがあり、11つ異なる意味を持ちます。

 

「ワンド」とは「棒」のことで、タロットカードでの「ワンド」の意味は「情熱」「闘争心」「生きる力」です。

 

リンク(ワンドのエレメントについて)

 

さらに「ワンド」を含む4つのスートは、4枚の人物カードと10枚の数字カードの14枚で構成されていて、このそれぞれにも意味があります。

 

そしてタロットカードの「4」の意味は「安定」や「安心」などです。

 

スートと数字、この2つの意味を踏まえて「ワンドの4」のストーリーを見てみましょう。

 

門のようにそびえ立つ4本の棒(ワンド)、その上部に飾られているのは美しい花輪です。

奥には立派な家があり、そこから出てきたと思われる2人の人物は花束を手にしています。

長い旅の途中でここにたどり着いた旅人や、戦が一段落して休憩を取りに来た兵士を歓迎しているのでしょう。

迎え入れられた旅人や兵士は、この平和で穏やかな状況の中で疲れを癒やすのです。

 

このストーリーを現代に置き換えて、「ワンドの4」が持つ意味を考えてみます。

 

仕事や勉強をするうえで、理想や目標を持つことはとても大切です。

理想や目標があることで、私たちはそこを目指して頑張ることができます。

 

「ワンドの4」はその頑張りが一段落ついて、ひとときの安らぎや休憩が取れることを意味しています。

今までの努力や苦労が報われて、とても充実した幸せな気持ちでひと息つくことができるでしょう。

ここでいったん癒やしの時間を過ごし、また次の理想や目標に向かって進んでいくのです。

 

タロットカード「ワンドの4」正位置の意味

 

「ワンドの4」正位置の主なキーワード

安らぎ

休息

平和

安定

喜び

解決する

祝宴・祝祭

 

「ワンドの4」の正位置には、「今まで抱えていたものから解放されて、安らぎと自由を得る」という意味があります。

ただし、この「安らぎと自由」は一時的なものです。心身の疲れを癒やしたら、次のステップに向けてまた動き出しましょう。

 

もし今あなたが抱えている問題の原因として「ワンドの4」が出た場合、どのように解釈したらいいでしょうか。

 

ひょっとしたらものごとに対して安心していたり、「うまくいっているから大丈夫」と思い込んでしまったりしているかもしれません。あるいはものごとが一段落ついたことの開放感から、リラックスしている可能性もあります。

今までのことをもう一度振り返って、本当にそれで大丈夫なのか確認してみる必要があるかもしれません。

 

現在の状況や未来をあらわす位置に「ワンドの4」が出た場合は、そのまま「肩の荷が下りる」「ひと息つく」という解釈になります。

 

「ワンドの4」があらわす「休息」は、平和で幸せなものです。

これまで忙しくて落ち着かなかった人も、ものごとが一段落してようやくひと息つくことができます。周りの人々も祝福してくれるので、穏やかな気持ちで癒やしの時間を過ごせるでしょう。

 

人の気持ちで「ワンドの4」が出たら、その人はいま安らかで穏やかな気持ちでいるでしょう。もしくは何かを成し遂げて、開放感を味わっているかもしれません。

その人が特定の誰かに対して思っている気持ちに「ワンドの4」の正位置が出たら、その人は相手のことを「心から安らげる相手」だと思っているようです。

 

正位置の「ワンドの4」は、それまで抱えていた課題や問題から解放されて、平和な雰囲気のなかでほっとひと息つけることをあらわしています。

そこから発展させて、穏やかで幸せな日常生活を送れるという解釈をしてもいいでしょう。

 

タロットカード「ワンドの4」逆位置の意味

 

「ワンドの4」逆位置の主なキーワード

慣れている

まだもっとできるはず

ちがうやり方があるかもしれない

娯楽

 

「ワンドの4」は逆位置になっても、基本的に正位置とあまり意味が変わりません。

 

ただし達成感や平和、平穏の中に、もう少し違うやり方があったかもという気持ちがありそうです。

ものごとが一段落つくものの、自分はまだもっとできるはず、というような気持ちが残るかもしれません。

あるいはものごとが解決したように見えるけれど、もっといい解決のしかたができるのではないか、と模索を続けることになりそうです。 

今なにか問題を抱えていて、その原因として「ワンドの4」の逆位置が出た場合、慣れたやり方だけでなく、違うやり方を試してみてもいいのかもしれません。

あるいは周りの人々が優しい暖かい気持ちであなたのことを見守っていることに、あなた自身が気づいていない可能性があります。

いったん気持ちを引き締めて、周りをよく見直してみましょう。

自分の心がけ次第で、状況ががらっと変わるはずです。

 

では人の気持ちで「ワンドの4」の逆位置が出たら、どうでしょうか。

 

どうやらその人は今、自分から何かをしようという気持ちではないようです。何か違うかもと思いながらも、そこまで気にはしていないのかもしれません。

 

「ワンドの4」は逆位置になっても、基本的には意味が変わらずポジティブな印象のままのカードです。

「なにかが違うかも」という気持ちが加わることもありますが、そこまで大きな影響をおよぼすものではありません。

 

もし「ワンドの4」が逆位置で出たとしてもそこまで気にせず、いつもより少しだけ気をつけて過ごしていれば大丈夫です。

 

「ワンドの4」恋愛を占ったときの意味

 

恋愛占いで「ワンドの4」が出たときに、どう読み取ればいいのか、またどのように行動すればいいのかを解説します。

恋愛占いにおすすめのスプレッドも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

スプレッドについての詳しい説明はこちら

リンク(初心者向けスプレッドのやり方)

 

出会いを求めている人

正位置

運命的ともいえる出会いがありそうです。

「この人かも」と思える人がいたら、迷わず自分から動きましょう。その人は、長く良いお付き合いができる相手の可能性が高いです。

逆位置

自分から行動を起こしてみましょう。

 

誰かからの紹介を待つのではなく、自分から動くことで良い結果が出そうです。

パーティや合コンなどに、積極的に参加してみましょう。

 

片想い

正位置

相手との距離が縮まりそうです。片想いが実るかもしれません。

相手はあなたのことを信頼し、一緒にいて心安らぐ人だと思っています。

逆位置

相手は、あなたがどのような人なのか、まだ完全に分かっていないようです。

ここで自分をよく見せようとする必要はありません。

無理に自分を飾ったりせず、そのままのあなたの良さをアピールしましょう。

 

両思い

正位置

相手とは相思相愛、なんの心配もありません。お互い一緒にいて、くつろげる関係です。

もしかしたら、結婚の話がとんとん拍子で進むかもしれません。

周囲も祝福してくれるでしょう。

逆位置

一緒にいることが、当たり前になりすぎているようです。

長く一緒にいる相手だからといって気を抜いたりせずに、2人の記念日や約束事など改めてチェックし直してみましょう。

 

復縁

正位置

相手も、あなたともう一度やり直したいと思っているようです。

ここで焦ったりせずに、穏やかな優しい態度で接するよう心がけましょう。

そうすることで相手があなたにますます好感を持ち、相手のやり直したい気持ちをさらに大きくすることができます。

逆位置

相手にあなたを受け入れる気持ちはあるようですが、もっといい形で復縁したいと考えています。

無理をせず時間をかけて、辛抱強く待ってみましょう。

相手が思う「ベストなタイミング」が来れば、きっとうまくいきます。

 

恋愛占いにおすすめのスプレッド

タロットカードで恋愛について占うときに、おすすめスプレッドを2つご紹介します。

初心者にもやりやすいスプレッドになっていますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ダイヤモンドクロス

シャッフルしたタロットカードを、十字に並べます。

並べ順は、画像を参照してください。

 

4枚のカードが何をあらわしているかは、以下の通りです。

 

1枚目 自分が置かれている状況、考えていることや心情

2枚目 相手の気持ちや相手が置かれている状況、相手本人も気づいていない本心

3枚目 今の2人の状況や問題点、乗り越えなくてはならない試練、問題

4枚目 2人が近い未来にどうなっているか

 

ダイヤモンドクロスは自分と相手の気持ちを比べて、この先どうなっていくかをみるのにおすすめのスプレッドです。

 

大三角形の秘宝

シャッフルしたタロットカードを三角形に並べたあと、左側に4枚目を置きます。

 

このとき1枚目はカードの山の上から7枚目

2枚目はカードの山の2枚目から数えて7枚目

3枚目はカードの山の3枚目から数えて7枚目

4枚目はカードの山の4枚目から数えて7枚目のカードを置くようにしてください。

 

このスプレッドで見ることができるのは、以下の4点です。

 

1枚目 過去の状況、問題の原因

2枚目 現在の状況、悩んでいること

3枚目 今のままいくとどうなるのか

4枚目 解決方法、アドバイス

 

大三角形の秘宝は、時間の流れによってものごとがどう変化していくか、そして自分がどのように動けばいいのかを知りたいときにおすすめです。

 

「ワンドの4」仕事について占ったときの意味

 

仕事について占ったときの「ワンドの4」の読み取り方と、どう行動すればいいのかを解説します。

おすすめのスプレッドもご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

正位置

大きなプロジェクトや案件、やりがいを感じる仕事を抱えていたのではないでしょうか。

これまでの努力が実って、ようやく一息つけそうです。

あなたが一生懸命打ち込んで完成させた仕事は、周囲からも評価されるでしょう。

また新たな仕事を任され、次のステップに踏み出すことになるかもしれません。今のうちに、しっかり休息を取っておきましょう。

 

転職をするのにも、いい時期です。

あなたが望むように働ける職場が見つかりそうです。新しい道に進むあなたを、周りの人々も応援してくれます。

 

 

逆位置

あなたがいま取り組んでいる仕事には、もっといいやり方がありそうです。

このままでは目標を達成できても、「自分は本当はもっとできたはず」という気持ちが残ります。

もう一度初心に帰り、気を引き締めて取り組めば、もっといい結果が出せるはずです。

 

また、担当している仕事で思わぬことが起こるかもしれません。

慣れた仕事だとしても、余裕を持ってスケジュールを組むようにしましょう。急な何かがあっても、スケジュールに余裕があれば慌てずに対応できます。

 

「ワンドの4」の逆位置は、「全力で取り組めば、もっとうまくいく」という意味を示しています。

 

気を抜かずにしっかり1つ1つのことをやっていけば、さらに満足できる結果が残せるはずです。

情報を集めて新しい仕事のしかたを試してみる、上司や先輩にアドバイスを求めてみるなどして、気持ちを切り替えるといいでしょう。

 

 

仕事についての占いにおすすめのスプレッド

タロットカードで仕事について占いたいときに、おすすめのスプレッドをご紹介します。

 

スリーカード

シャッフルしたタロットカードを、横に2枚並べます。

一番左のカードが「過去」真ん中が「未来」、そして一番右のカードが「近い未来」をあらわします。

他にも左から「原因」「結果」「対策・アドバイス」

「YES・NOで答えられる質問に対してYESを選んだ場合どうなるか」「保留にしたらどうなるか」「NOを選んだ場合どうなるか」という読み方もできます。

占いたい内容によって、尋ね方を変えて試してみて下さい。

 

シンプルクロス

シャッフルしたタロットカードを、まず縦向きに置きます。2枚目は1枚目の上に、横向きで置きましょう。

 

1枚目があらわすのは「現在の状況、抱えている問題」、2枚目は「試練」です。

今、自分はどのような問題を抱えているのか、そのためにどのような試練を乗り越えなくてはならないのかを合わせて考えることによって、解決策が見えてくるスプレッドです。

 

「ワンドの4」が示す未来

 

「ワンドの4」が未来を示す位置に出た場合、私たちはそこから何を読み取ればいいのでしょう。

「ワンドの4」があらわす未来の状況と「ワンドの4」が伝えてくれるアドバイスの、両方の読み取り方について解説します。

 

正位置

これから先の状況

今まで頑張ってきたことに一段落つき、穏やかに過ごすことができるようになります。周りの人たちも、あなたのこれまでの頑張りを認めて祝福してくれるでしょう。

今は一緒にいて心安らぐ人たちと共に、楽しい時間を過ごして下さい。

 

そしてまた、次のステップに向けて歩き出しましょう。

 

アドバイス

今はいったん考え込むのをやめて、休憩してみましょう。ゆったりとくつろいだ時間を過ごせば、新しい道が開けるでしょう。

 

逆位置

これから先の状況

自分で考えて、思うように進むことが大事です。

もし自分の理想や目標が見つからなければ、置かれた環境の中で小さな達成感を多く得られるよう心がけてみてください。

小さな達成感を積み重ねていけば、いつか大きな理想や目標が見つかるでしょう。

 

アドバイス

自分の気持ちに正直になって、前へ進んでいくことが大事です。

人の意見に左右されるのではなく、目標をしっかり持って自分の意思で動きましょう。

 

物事に対して気を抜きすぎないよう、注意してください。油断は禁物です。

 

次へ

「ワンドの4」まとめ

 

「ワンドの4」は今まで一生懸命頑張ってきたあなたに、その努力が報われて平和で穏やかな休息時間が過ごせることを伝えるカードです。

 

周りの人たちもあなたがどれだけ苦労して頑張ってきたか、しっかり見てくれています。

努力の末に目標を達成したあなたを、心から祝福してくれるでしょう。

 

今は何も考えず、信頼できる友人や仲間たちと平和で楽しいひとときを過ごしてください。

 

ただし「ワンドの4」が指し示す「休息」は、一時的な「休息」です。

あなたには、さらに大きな目標に向かっていける力があります。

 

この「休息」で体力と気力を十分に溜めて、次のステップへの第一歩を踏み出しましょう。

 

正位置では「達成」「成就」「解決」という意味を持つ「ワンドの4」が逆位置で出た場合、「私にはもっとできる」という気持ちが加わってくるようです。

 

ですが、それほど心配する必要はありません。

 

「ワンドの4」は正位置でも逆位置でも、基本的には前向きなイメージを持つカードです。

 

自分は今、何をしているかを常に振り返りながら慎重にものごとを進めていけば、心から満足できるゴールに辿り着くでしょう。

 

自分の意思をしっかりもって、一歩一歩着実にものごとを進めていけば努力はきっと報われます。

 

 

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。