タロットカード 小アルカナ【ペンタクルのエース】の意味や解釈<相手の気持ち・恋愛・逆位置の意味>

はじめに

タロットカードは全部で78枚のカードで構成されています。78枚のうち22枚が大アルカナ、56枚が小アルカナに分けられます。大アルカナは11枚が異なる種類の絵柄ですが、小アルカナはワンド(木の棒)・ペンタクル(金貨)・ソード(剣)・カップ(聖杯)の4つのスートにわかれ、その中で110の数字のカードとペイジ・ナイト・クイーン・キングという人物のカードから成り立っています。

カードの構成はトランプに似ています。関連性はないという説もありますが、似ていることは事実です。

トランプに当てはめるとワンドのカードはクラブ、ペンタクルはダイヤ、ソードはスペード、カップはハートです。

今回は4つのスートの中のペンタクルのエースのカードについて解説します。

最後までご覧ください。

次へ

タロットカード【ペンタクル】のカードとはどんなカード?

【ペンタクルのエース】に描かれているもの

 ペンタクルのエースのカードは、雲の中から出ている手の上に金貨(護符という解釈もあります)が乗っています。その手は金貨を大切そうに支えているようにも見えます。金貨を持つ手は右手です。
右手は男性的な強さや肯定的な強さの象徴です。
手の下には庭園が広がっており、草花が咲き誇っているようです。

カードの下部には「ACE of PENTACLES」と書かれています。

【数の法則】におけるエース

エースとは数字で言うと1です。
1は始まりの数字であり、その数字の意味通り始まりやスタートを意味します。それ以外にも、意志の強さ、行動力や指導力といったことも象徴する力強いカードです。
他の数字のカードがⅡやⅢのように数字で表されていますが、1だけはエースと呼ばれるように特別なカードでもあります。

数のカードの中でもエースはキングやクイーンといった人物のカード並ぶほど強い意味を持つ重要なカードであることを頭に入れておきましょう。

【四大元素の法則】における地のエレメントを司るペンタクル

ペンタクルのカードは物質的な財産や健康等との関連が強いカードです。カードの中の手が持っているのは金貨です。お金は豊さや繁栄をもたらすものです。
四大元素に当てはめるとペンタクルのカードは地(土)になります。
地は四大元素の中でも唯一物理的な形のあるものですから、価値のあるものや物質的な豊さにつながります。
また、カードの下のほうに描かれている庭園は大地から与えられる豊かさの象徴でもあります。

「足が地につく」という言い回しがあるように、地には気持ちや行動が落ち着いている状態を示す意味があります。
また大地は豊かな実りをもたらします。
どっしりとした土台の上に足をつけ、根をおろす。大地にはそんなイメージがありますね。
じっくりと確実に物事が進んでいくイメージそのものです。
新しいことを始めるのにもじっくりと取り組み、人間関係も出会ってすぐに親密になるというより、その関係をゆっくりと築いていく。
また、地のエレメントであることから「生活の基盤を作る」「対人関係の信頼を築く」といった土台ができるというような意味になります。
四大元素から読み解くペンタクルのカードの意味は、「安定」「落ち着き」がメインになります。

急激に何かが展開することはなく、物事はゆっくり進みます。つまり、それは結果が出るまでには時間が必要だということでもあります。

【図象の法則】における積み重ねを表すペンタクルのエース

ペンタクルのエースのカードは、カードの左側から出ている右手が金貨を支えています。
他のエースのカードも、カードの右または左から出ている手がそれぞれのスートを持っています。手が左右のどちらから出ているかにも意味があります。
カードの左右は過去と未来を表しています。左が過去、右が未来です。
豊かさや物質的な財産は、過去から続く経験や実績によって積み上げられるものであると言うことです。

カードの下の美しく整えられた庭園は安寧の地であることを表していますが、奥にある植物のアーチは敢えて新しい世界に向かうこともまた間違いではないということです。
また遠くに描かれる険しい山は、その山を乗り越えてきた=今までの努力の積み重ねのイメージでもあります。

【ペンタクルのエース】が出たときの意味

数の法則、四大元素の法則、図象の法則について説明してきました。
数は意図を表し、四大元素は原動力を意味します。これらをカードに描かれる絵に掛け合わせて解釈します。

 正位置の意味

キーワード:経済的な改善、大切な物を手に入れる、物質的な成果など

金貨を表すペンタクルのエースは、経済的な豊かさや物質的な成果が表れることを意味します。お金に限らず、事業が発展する、人間関係では信頼が高まっていくなど、あらゆる幸運が訪れることを表しています。
これらの幸運は、突然降って湧いたものではなく、今までの努力の積み重ねの結果として手にできるものです。
もしも、現在の経済的な状況が芳しくない場合はその状況が改善していく兆しがあると受け取ることができます。
事業を始めたばかりであれば、十分な利益がではじめる時期と考えられます。
積み重ねの結果ですから、今まで築いてきたものに成果が出るのに加えて、エースのカードなので仕事に関しては今までの実績を活かして転職に踏み切っても成功することを示唆しています。
今までの努力をもとにステップアップできる時期です。

仕事関係、人間関係での幸運が目の前にあることを意味するカードですが、そのほかにも健康面でも体調が良くない場合は改善に向かっていくと読むことができます。

また、新たに健康的なことを始めるにも良いことを示唆しています。
ジムに通うのを始める、計画的にダイエットを始めるのに適した時期だということでもあります。
地道に続けることが良いとされていることを始めるのにぴったりです。長く続けることで結果が伴うことが期待で知るでしょう。

逆位置の意味

 

キーワード:手に入れたものが離れる、お金がなくなるなど

ペンタクルのカードはコインが手の上に乗っている絵が描かれています。
ここでポイントとなるのは、あくまでもコインを手に持っているのではなく、手に乗せているということです。つまりガードが逆に出るということは、手の上に乗ったコインが落ちてしまう恐れがあるということです。
せっかく今まで積み上げてきたことがひっくり返らないように気をつけたほうが良いと暗示してくれているカードです。
なぜ地に足がつかないのか、自分自身を振り返ってみるときと考えるみる時だと教えてくれているのです。
状況を改善するために努力の方向性を見直してみるのも良いかもしれません。

また、今まで恵まれ満たされてきたために、今の状況をお腹いっぱいと感じているのかもしれません。
少し環境を変えてみることで異なる刺激が得られ、新たな努力の積み重ねのスタートが切れる可能性を示唆しています。しかし、大きな変化に向いている時期ではないので、ほんの少しだけ今あることを変えるほうが良いでしょう。

タロット占いでの【ペンタクルのエース】の解釈<相手の気持ち・恋愛>

相手の気持ちについての解釈

 正位置の場合

ペンタクルは積み重ねによる成果が表れることを示すカードです。そして、そこにスタートを表すエースのカード。 この組み合わせで読み解けるのは、今までの関係が良いほうに作用して、気持ちがあなたに向かい始めているということです。 これまでは単なる顔見知りや友人の関係だった相手であれば、次のステップに進めるタイミングでしょうし、付き合っている2人であればプロポーズや結婚といった展開が待っているかもしれません。

逆位置の場合

ペンタクルのカードに描かれるコインは物質であり、現実の世界です。そしてスタートを表すエースのカードの逆位置。 思いはあるけれど、実際にはスタートがきれない(行動に移せない)というイメージです。 なかなか行動に移せず、始まることがなく終わりを迎えてしまうかもしれないことやタイミングを逃してしまうことを示唆しています。
ただし、ペンタクルのカードは「積み重ね」による結果を表すカードですから、今の状態を続けてみることが大切です。大きな展開は求めず、相手のことを信じて次の展開に移るタイミングをはかりましょう。決して終わることを示唆しているわけではないのです。いずれ次のステップに進むチャンスが訪れます。 

恋愛についての占いの解釈

 

正位置の場合

ペンタクルのカードのキーワードのひとつ、「積み重ね」が恋愛にも反映されます。
一目惚れで燃え上がるような恋に落ちたり、これは運命的な出会い!というようなことは起きず、ゆっくり時間をかけて相手のことを知り、愛情を育んでいくイメージです。 付き合っているのであれば、お互いの気持ちや相手に対する信頼をゆっくりと高めていけることを示唆しています。
2人の関係は真面目で誠実です。
ペンタクルのカードに描かれているコインはお金やビジネスを表していますが、お金を表すということは英語でいうcreditにつながり、「信用」「信頼」のイメージなります。 それは人間関係にも当てはまるので、信頼関係が高まっていきます。

逆位置の場合

逆位置のカードが出た場合、進展があまり期待できないことを示唆しています。なかなかタイミングが合わず、そのまま機会が消滅してしまったり、次の一歩が踏み出せなかったり弱気が表に出てきてしまうようです。
2人の将来が具体的にイメージできず、少しずつ気持ちが離れてしまう恐れもあります。 また、コインのカードは現実的な世界を象徴するカードですから、なかなか実際には行動に移せず消極的になってしまうというようなことがありそうです。
ただし、元々ペンタクルのカードには急激な展開になるような意味はありません。 逆位置ですから、停滞の意味になりますが、決して関係が終わるということではないので、次のタイミングがくるまで今は我慢しましょう。 正位置の場合でも説明しましたが、「信用」や「信頼」の意味はそのままなので、諦めず相手を信頼して今の関係を大切にしましょう。
またスタートを意味するエースの逆位置ですからスタートには向かない時期ではありますが、過去を振り返ってウジウジするのは禁物です。 後ろは向かずに一歩が踏み出せる状況が訪れるのを待ちましょう。
次へ

まとめ

コインを表すペンタクルのカードは現実の世界や物理的な世界の象徴です。エースのカードは1を意味していますから、仕事や恋愛など、占う対象の物事が実際に始まろうとしていることを示しています。 ただし、まったく新しく何かを始めるというよりも、今までやってきたことを活かして次のステップに向かうということです。
ですから、次のステップに進むことで発展する、利益がでる、今までのことを活かして転職するといったイメージです。
また、コインのカードなので実際にお金を表しています。そのため、お金にまつわる発展や進展が期待できると読むことができます。 物質的な豊かさに恵まれる、事業が成功に向かっていきます。
お金は信用や信頼につながります。それは仕事や事業でイメージしやすいものですが、人間関係にも当てはまります。 ペンタクルのエースのカードは相手との信頼関係が高まっていくと読むことができます。 図象の法則により、カードに描かれている右手が左から出ていることから過去からの積み重ねや実績を表しているので、それが信頼や信用ともつながります。
今までの積み重ねがあるからこそ、信頼や信用があるのです。その結果が表れ始めることを示しているのです。  
逆位置が出たとしても、物事が急に悪い方に向かうわけではないので、一度立ち止まってみるのも良いと読み取ることができます。
仕事や事業においては、新しいことを始めるのには向きませんが、今までの仕事や事業がダメになるということはないので、停滞しているからと言って新しいことを始めるのではなく、今までのことを続けていくことが大切です。 また今までの努力がすべて無駄になるということはありませんから、次の機会が訪れるまで一度落ち着いて待つ、努力を続けるといった方法でマイナスの時期を乗り切りましょう。
タロットカードの小アルカナ【ペンタクルのエース】が教えてくれる意味や解釈をしっかりと理解して、あなたの行動指針にしてくださいね。   
この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。