タロットカード「運命の輪」の意味を解説

はじめに 

タロットカードは大アルカナ22枚、小アルカナ56枚、計78枚のカードで構成されています。その中で、運命の輪は大アルカナの10番目に位置するカードです。

本記事では、運命の輪の図像やその意味を解説していきます。これを読めばタロットカードのリーディングに奥深さを持たせられる様になるでしょう。

 

次へ

運命の輪の基本情報と意味について

基本的に、運命の輪は「人間の手には負えない流れ」「常識を遥かに凌駕するもの」を暗示しています。まさに「運命」を司るに相応しい意味合いを持ったカードです。

ところで、改めて「運命とは何か」と問われると、具体的に答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか。そこで、まずは運命というものが何を表しているのかを、基本的な意味から紹介していきます。

 

運命の輪の基本キーワードは以下の通りです。

 

 

・運命

・変化

・転機

・ツキ

・偶然

・ライフサイクル

 

重要なキーワードのみをピックアップしてみました。

基本的に占っている時に運命の輪が表れたならば、流れに身を任せた方が良い展開になるでしょう。そんな幸運の中でも、チャンスや挽回の機会も見逃さない様に準備をしておくのも大事です。

 もちろん、他のカードとの組み合わせや質問内容によって、読み取り方が変わってくる場合もあります。それでも「流れやタイミング」といった、上記に挙げた様なキーワードが根底にある事は把握しておきましょう。

 

ただ、実際の占いで解釈により幅を持たせる為には、基本的な意味だけでは読み解けないケースも出て来ます。そんな時でも、運命の輪が伝えている事を正しくリーディングするには、どんな情報を頭の中に入れておくべきでしょうか。

次の項目ではカードの内容を深堀しつつ、とある女神と結び付けて、運命の輪を読み解くポイントを紹介していきます。

 

運命の輪のモデルになった女神と、そこから読み取れる解釈について

運命の輪に限らず、タロットカード78枚は、キリスト教を始めとした西洋文化と深い関わりを持っています。運命の輪は、英語で「WHEEL of FORTUNE」、厳密に訳すと「運命の車輪」です。

一体、この「車輪」は何を表しているのでしょうか。
皆さんも「運命の歯車」という言葉を、一度は聞いた事があるのではないでしょうか。この言葉の通り、運命というのは歯車や車輪と密接な関係にあります。

 

そもそも、運命と車輪の関係は、ローマ神話に描かれている運命の女神「フォルトゥーナ」に由来されており、タロットカードの運命の輪も彼女から着想を得て完成したとされています。

このフォルトゥーナは、運命を操る為の舵を手に持ち、運命が定まらない事を表す、不安定な球体と共に描かれています。この構図は、まるで彼女が「運命とは常に一定ではなく、良い事も悪い事も永遠には続かない」という事を、表現しているかの様です。

 

私達の人生は、ひょんな事がきっかけで良くも悪くもなります。
きっと、そんな時に、運命の車輪を司り、人々の運命も決める女神フォルトゥーナは表れるのでしょう。それと同時に、運命に翻弄される人間達に「変化を受け入れて、流れに身を任せても大丈夫」と、エールを送っているのではないでしょうか。

 

以上が、運命の輪のモデルとなった女神の紹介でした。
フォルトゥーナがどんな女神だったのかを知ると、このカードに込められた意味が、単なる運気の上昇や下降だけを表しているのではない、と理解できます。

 

この様に運命の輪のカードは、ほんの些細な事がきっかけで状況が好転したり、悪化したりといった、大きな運命の流れを暗示しています。

しかし、だからと言って恐れる事はありません。
先述した通り、運命の女神は変化を受け入れる人間に微笑みます。

つまり、自分が置かれた状況を、どう対処して乗り越えていくかが、何よりも重要なのです。その時に、具体的に何をどうすれば良いのかは、運命の輪と共に表れたカードから読み取っていきましょう。大切なヒントが必ずそこに現れているはずです。

 

運命の輪の象徴と、世界のカードと対比して分かる事

運命の輪のカードと、同じ大アルカナである世界のカードは、密接に関係しています。この2枚のカードを対比すれば、運命の輪が何を表しているのか、より深く理解できるでしょう。

 

まず、運命の輪が表しているのは、簡単に言うと未来像や展望といった、「ヴィジョンの世界」です。運命というものは実体が無いので、私達の目には決して見えません。しかし、それでも私達は、夢や希望といった実体がないものを、感じたり意識したりする事は出来ます。

 

それに対して、世界が表しているのは、簡単に言うと理想郷や願望成就といった、「現実化の世界」です。夢や希望が叶う時というのは、必ず何かしらの形や結果となって、私達の元に表れます。まさに世界のカードが表しているものは、それなのです。

 

この様に、運命の輪のカードで表れたヴィジョンは、様々な過程を経て、世界のカードで現実化します。つまり、運命の輪とは、「まだまだ途上だけれど、色んな可能性に満ちていて、この先の未来や運命がどんな風に動くかは未知数」である事を象徴しているのです。

 

運命の輪の意味:恋愛編

タロット占いに限らず占い全般において、恋愛のテーマを質問される方は多くいます。
ここからは、恋愛に対する問いかけをした時に、運命の輪が表れた場合、どの様に解釈していけば良いのか、確認していきましょう。

 

まずは、恋愛における運命の輪の基本キーワードを挙げていきます。

 

 

・一目惚れ

・運命を感じる出会い

・チャンスの到来

・意気投合できる相手

・スピーディーな恋愛関係

 

以上が、恋愛占いでの解釈です。

 

運命の輪は、非常に偶然性が強くて、人間の意図を超えた運命の流れを表しています。恋愛においても、偶然がもたらす出会いや一目惚れ、急速に距離を縮めて交際が出来る、といった事を意味しているでしょう。

 

ただ、このカードが出た時に心掛けておいて欲しいのは、「良い時もあれば、悪い時もある」という事です。このカードは急激に燃え上がる恋を暗示している為、時間の経過と共に、気持ちが冷めやすい一面があります。

しかし、恋愛に限らずどんな物事でも、自分がどうしたいのか、どうする事が最適なのかを、考えて行動に移していければ、運は好転していくのです。

ですから、運命の輪のカードが出て来たら、「運は自分に向いている。気を抜かずに、しっかり頑張ろう」という、前向きな気持ちで恋に臨んでみて下さい。

 

運命の輪の意味:相手の気持ち編

さて、恋愛編で書いた様に、運命の輪は自分の想像とは別に、予想外な流れがある事を教えてくれるカードです。では、そんな運命の輪が表す、「相手の気持ち」とは、どんな内容になるのでしょうか。

 

相手の気持ちにおける運命の輪の基本キーワードを、以下にまとめてみました。

 

 

・運命であるという確信

・気付けば目で追ってしまう

・気が合う相手

・昔から知っているかのような既視感

・関係を進展させたい

 

 「相手の気持ち」で占った場合、以上の様なニュアンスで読み取っていきます。

 

もちろん、他のカードとの関連を加味する必要があるので、必ずしもキーワード通りというわけではありません。しかし、概ね相手から大きな関心や好感を向けられている事は間違い無いでしょう。

しかも、運命の輪は大アルカナでもある事から、運命的な意味合いが強い、と捉えられます。運命の輪は、変化や転換期を表すので、このカードが出た時はスピーディーに物事が動いている時です。

つまり、「相手の気持ち」で、運命の輪が出たならば、積極的にアピールして行っても良い、というサインと受け取れるでしょう。「この機会を逃さないで!」とカードが教えてくれているのです。

 

また、長く付き合っている恋人がいる場合は、そろそろ結婚といった話が出るかも知しれません。先述した通り、運命の輪は大アルカナの真ん中に位置するカードです。言い換えれば、二人の関係は中間地点に差し掛かった状態でしょう。

そして、その次は、また別の展開が待ち受けています。恋人という関係から、夫婦という関係にシフトするタイミングが来た、と読み取る事も可能なのです。

 

まとめると、相手の気持ちを占って運命の輪のカードが出たならば、相手の気持ちはもちろん、二人の関係性も大きく動いたり、変わったりする時期でしょう。自信を持って行動を起こしてみて下さい。

 

運命の輪の意味:逆位置編

次に説明していくのは、運命の輪のカードが逆位置で出てきた時の解釈についてです。カードが逆に出てきただけで、落ち込んでしまう方もいるかも知れません。しかし、深刻に捉える必要は全くありません。なぜなら、逆位置というのは「駄目」、「無理」、「悪い」を表しているのでは無いのです。

 

と言うのも、正位置が「正しくバランスが良い」状態を表すなら、逆位置は「バランスが崩れて不安定」な状態を示しています。もっと単純に例えるなら、風邪を引いてしまった状態が逆位置のカードで、風邪薬を飲んで回復した状態が正位置です。ですので、カードが逆位置で出て来てしまった時は、「今はちょっと調子が悪いだけ」と考えてみて下さい。 

 

逆位置の解釈のコツが分かったところで、ここからは運命の輪の逆位置の意味を説明していきます。

 

まずは、運命の輪が逆位置で表れた時の、基本キーワードをまとめました。

 

 

・落胆

・空回り

・前触れの無い不運

・タイミングが合わない

 

 

恋愛に関しては、以下の通りです。

 

 

・すれ違い

・気持ちの変化

・タイミングが合わない

・つかの間の恋

・考え方の違い

 

 

最後に相手の気持ちです。

 

 

・先行きが見えづらい

・恋愛に興味を見失いやすい

・二人の関係の停滞

・恋愛ではなく、仕事を優先させたい

 

 

以上の様な意味合いで解釈していきます。
一読しただけでも気が滅入ってしまう様なキーワードばかりですが、先程も説明した通り、これは風邪を引いた状態の意味です。

ここから、どうやって回復させて行くのかを、他のカードと合わせてリーディングしていけば、必要以上に落ち込む事はありません。運命の輪のカードと共に表れた、アドバイスカードがヒントをしっかり教えてくれます。心を落ち着けて、メッセージを読み解きましょう。必ず必要な助言が出て来るはずです。

 

ただ、一点だけ気に留めて置いて欲しい事があります。
逆位置から正位置にシフトさせる、まるで運命の車輪を回す様な行動ですが、例え正位置の状態に戻ったとしても、全てが「元通り」という訳ではないのです。

 

人生は進んで行くもので、後退はしません。

例えば、ある人との出会いと別れを経たからこそ、成長して素敵な自分となり、新たな縁に出会える事もあります。

目の前の不運に翻弄されるからこそ、自身の本当の気持ちが分かり、今までとは違う人生を歩める事だってあるでしょう。

こんな風に、状況の変化とは事態が新たに動き始める事と同じなのです。改善するという事と、元通りになる事は違います。ですので、人生は常に進んでいる事を忘れずに、前向きになれるリーディングを心掛けて下さい。

 

次へ

まとめ

運命の輪のカードについて、様々な角度から情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。今まで説明してきた通り、このカードは大アルカナの中でも、とても強い意味を秘めている、神秘的なカードです。

本記事を読み返す事で、運命の輪に対する理解を深め、より幅の広いタロット占いが出来る様になるでしょう。

自分自身はもちろん、誰かを勇気付けたり元気にしたりする様な、素敵なリーディングを楽しんで頂けますと幸いです。

 

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説します

 

 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。