タロットカード 大アルカナ【星 the star】の意味と読み方をわかりやすく解説

はじめに

タロットカードを始めたばかりの方にとって、それぞれのカードの意味を知ることはとても大切です。

タロットカードは、22枚の大アルカナカードと、56枚の小アルカナカードの全部で78枚のカードで構成されています。

これらはそれぞれ表す事柄が違い、大アルカナは、抽象的な事柄で物事の本質的なところを表し、小アルカナは、より具体的で日常的によく感じる感情や出来事などを表します。

ですので、タロットカードで占いをする時は、大アルカナで物事を大枠から見た占いをして、小アルカナでより具体的に占うことが一般的です。

大アルカナは1枚が持つカードの意味が強く、様々な解釈の仕方がありますので、今ある問題に合わせて読み解くことが出来るようになれば、問題に対する新しい道を見つけるきっかけになるでしょう。

今回は、大アルカナの17番目のカード、星(the star)の意味と解釈について解説していきます。

タロットカードの種類とカードの持つ意味についてさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

https://lunafactory.co.jp/blogs/yasashitarot/the-world-of-tarot-cards

 

次へ

タロット「星(the star)」の基本的な意味

空を見上げれば輝く星々。
ロマンチックで神秘的なイメージを抱く人も多いのではないでしょうか?

世界中の歌や聖書で登場する星ですが、タロットカードで「星」が出た時は、どのように解釈したらよいのでしょう。

タロットカードの「星」の基本的なキーワードは以下の通りです。

・夢
・成功
・チャンスの到来
・精神的な希望
・目指すべきもの
・インスピレーション
・芸術
・無からの再生

上記の通り、「星」のカードが出た時には基本的には良い意味ととらえられます。

タロットカードは、そのカードの前後に位置するカードの意味も重要です。

「星」のカードの前にあるのは「塔」のカードで、「塔」は突然のトラブルや価値観が崩れることを表します。

良い解釈をすると、全てゼロになり、また1から始められるとも取れます。

前のカード「塔」で良いものも悪いものも崩れ去り、もう無くすものはないという状況になった時、次の「星」によって、新たな希望が生まれるという事です。

ですので、星が出た時は、今より状況が悪化することは無く、明るい未来や将来が期待できると読み解くことが出来ます。

 

星の数字に込められた意味

星のカードは、大アルカナカードの17番目のカードです。この数字にも意味があり、17を1と7に分けて足し合わせると、8になります。

8番のカードは「力」を表すカードで、力のカードは、自分に打ち勝つ強い信念と実行力を意味します。星のカードは、力のカードと深い関係を持ちます。

星のカードで抱いた希望や目標は、その後の行動によって左右されるというメッセージも読み取れます

この事から、「星」のカードは自身の内面的な希望を意味し、実際に行動するかは自分次第とも読み取れるのです。

大アルカナでの「星」のカードの立ち位置

大アルカナは、22枚のカードで構成されていますが、実はこれには物語があります。

0番の愚者が21番の世界まで、魂の修行を経て成長して行くという物語です。

この物語を踏まえてカードを読み取ることで、より深いカードからのメッセージを受け取ることが出来ます。

16番の塔のカードでは、物事の問題が発覚し崩壊するという物語があります。次の17番に、星のカードが登場します。何もなくまっさらな状態のところに、新たな希望が生まれるという物語です。

星のカードこそ、悲しい出来事の後でも、目的や希望が生まれるという新たな始まりを象徴するカードだと言えるでしょう。

輝く星の意味

カードに描かれている星は、いわば「希望の星」です。

昔の船乗りたちは、空の星を見て、自分がどの方角へ進めば良いのか判断しました。このことからわかるように、星は進むべき方向を示しています。

星は雲で隠れてしまったとしても、必ずまた姿を現します。そのため、星のカードが逆位置で出たとしても、必ずしも悪い意味ととらえる必要はありません。

また、多くの人に見上げられ、頼りにされる星は、魅力や名声なども表します。自分自身が夢を叶えることで、また違った誰かの夢にもなりうるという可能性が読み取れます。

タロットで星の正位置が出た時の解釈

タロットで正位置の星のカードが出た時は、どのように読み解けば良いでしょうか。

星のカードの正位置は、

・何も無いところから、立ち上がってくる
・今進んでいる道から希望の兆しが見えてくる
・新しいアイディアや思いがけない才能を見つける
・憧れを持つ
・夢や目標ができる

という読み方ができます。

ポイントは、今より状況が悪くなる心配が無いという点です。

星はまっさらな状態からの希望を示すので、失敗しても失うものが無い事を表します。

このカードが出たら、安心して前向きに物事をとらえると良いでしょう。

また、このカードが出たら、「力」のカードと結びつきが強く、行動すれば夢が叶うというアドバイスとしても読み取れるため、積極的に行動することをお勧めします。

タロットで星の逆位置が出た時の解釈

タロットカードで逆位置が出ると、悪いイメージを抱いて心配になる人もいるでしょう。しかし、このカードでは心配いりません。

星のカードは、現状がどうであれ、今後の変化や新しいことに希望がみられることを示すため、悲観的にならなくて大丈夫です。

星のカードの逆位置は、


・迷いや不安があっても目標に取り組むと良い
・一時的に夢や目標を忘れても、また取り戻すことが出来る
・不安に思っていることは、実はそんなに深刻ではない

という読み方ができます。

空が曇っていて星が一時的に見えなくても、星自体は消えないことから、
逆位置の星のカードは、一時的に不安に襲われても希望は消えないという事を表します。

迷いや不安があっても行動することで、回ってきたチャンスを最大限生かすことが出来るでしょう。

タロットで星が出た時の解釈【相手の気持ち】

希望や目標を意味する星のカードですが、人間関係を占った時に星のカードが出てきた場合にはどう読み解けば良いでしょうか。

状況別に、星のカードの意味を読み解いてみましょう。

新しい環境での人間関係

星のカードが正位置で出た場合は、星のカードの良い面がまっすぐに表されます。裏表のない状態や開放的な気持ちを示しています。

相手に正直に自分の気持ちや考えを伝える事で、相手も同じように心を開いてくれるでしょう。

星のカードが逆位置で出た場合は、相手に嫌われたくないが為に本当の自分を出せていないことを暗示しています。

星のカードの逆位置では、思っているよりも状況は悪くないというメッセージを送ってくれています。

相手は自分が思っているよりも、あなたのことを受け入れてくれるでしょう。

まずは楽観的に考え、開放的な気持ちで行動すると、良い人間関係が築けることが読み取れます。

家族や友人との人間関係

星のカードが正位置で出た場合は、自分の気持ちが受け入れられ、家族や友人が強い味方になってくれることを表します。

今まで言えなかった悩みも打ち明けることで、共感を得て解決への糸口が見つかるかもしれません。

また、星のカードには生命を意味する水がモチーフとしてよく使われます
このことから、健康や子宝に恵まれるとも読み解けます。

星のカードが逆位置で出た場合は、家族や友人とどう関わったら良いかわからずモヤモヤすることを表します。

しかし、時間とともにモヤモヤは解消されて、相手に素直になれるでしょう。

星のカードが出た時の解釈【仕事】

仕事について占った時に星のカードが出た時は、どのように読み解けば良いでしょうか。

状況別に星のカードを読み解いてみましょう。

現在就いている仕事について

星のカードが正位置で出た場合は、特に、自分の中で閃いたアイディアや直感を大切にすると物事がうまくいきそうです。

星のカードでは失敗を恐れずに開放的な気持ちで取り組むと良いというメッセージが読み取れます。

目標に対してまっすぐ取り組むことで、周りからの評価も上がり、良い結果に近づきます。

また、星のカードには憧れという意味もあります。

今までやりたかった憧れの仕事に就けるチャンスが訪れるととらえることもできます。

星のカードが逆位置で出た場合は、しなくて良い心配をして、チャンスを取りこぼさないように気を付けましょう。

また、忙しすぎて本当の目的を見失ってしまうかもしれません。

しかし、星のカードは迷ってもまた目標を取り戻すことができることを意味します。

悲観的になりすぎず、目的意識を持つと良いでしょう。

転職について

星のカードが正位置で出た場合は、就きたい仕事が見つかったり、憧れの仕事に挑戦するチャンスが到来したりする事が読み解けます。

今持っているスキルが活かされて、クリエイティブな分野では特に力が発揮できます。

星のカードが逆位置で出た場合は、自信が持てずに転職活動を積極的に行えないかもしれません。

しかし、星のカードは、自分自身のスキルは思っている以上に価値のあるものだと教えてくれています。

星のカードは、失敗しても失うものは無い事を暗示しているため、勇気をもって行動すると良いでしょう。 

星のカードが出た時の解釈【恋愛】

恋愛において、星のカードはどのように読み解けば良いでしょうか。
状況別に星のカードの意味を読み解いてみましょう。

交際中の恋人との関係性

星のカードが正位置で出た場合は、交際中の恋人との関係が良くなることを表します。

星のカードは、水のモチーフからもわかるように、水(愛情)を注ぐことで緑(愛情)が育っていくことが読み取れます。

自分の持つ愛情を惜しみなく相手に注ぐことで、それ以上の愛情を受け取ることが出来るでしょう。

星のカードが逆位置で出た場合は、忙しさで二人の距離が離れてしまっても、最終的には元に戻れることを表します。

不安に押しつぶされそうな状況があっても、元に戻れることが読み取れますので、安心してお付き合いを続けると良いでしょう。

片思いの場合

星のカードが正位置で出た場合は、憧れに向かうチャンスが到来すると読み取れます。自分の気持ちに正直に、積極的にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

星のカードは、失敗を恐れる必要が無いという事を示します。積極的に話しかけたりすることで、相手も安心して自己開示してくれるでしょう。

 

星のカードが逆位置で出た場合は、自信の無さからなかなか動き出せない事が読み取れます。

しかし、星のカードは、何もないところから立ち上がる、という事を意味する為、こちらから働きかければ良い結果をもたらすことを表します。

勇気をもって行動してみることで、新しい展開があるでしょう。

喧嘩中の恋人との関係性

星のカードが正位置で出た場合は、今後の展望は良くなって行くでしょう。

今までお互い妥協できなかった問題の新たな解決策が見つかることが読み取れます。

その為には、星の持つ「開放的な」気持ちを大切にして、あなたがどう思っているのかしっかり伝える事が解決の糸口になりそうです

星のカードが逆位置で出た場合は、なかなか素直になれずに喧嘩が長引いてしまうかもしれません。

しかし、星のカードでは希望が象徴となっているため、逆位置だったとしても希望が消えることはありません。

お互いの関係性をポジティブに考え、相手を許容することで、問題が起こる前より大きな愛情を得る事が出来るでしょう。

失恋をした場合

星のカードが正位置で出た場合は、星のカードの何もないところから立ち上がる、という事から、新たに良い出会いが見込める事が読み解けます。

今辛い状況でも良い出会いに恵まれて、状況が好転することを意味します。

星のカードが逆位置で出た場合は、自信の無さが行動の邪魔をするかもしれません。

しかし、これ以上悪い状況にはならないのが星のカードです。

勇気をもって次に踏み出せば希望が見えるというメッセージが読み取れます。

復縁したい場合

星のカードが正位置で出た場合は、復縁に向けてどのような行動をしたら良いかがわかったり、そのための協力者が現れたりするかもしれません。

16番の崩壊を表す塔のカードの後に希望が持てる17番の星のカードが現れるように、悪い出来事の後には必ず良い事が起きます。

二人の関係が1度終わってしまっても、復縁に向けて前向きに行動すれば思いは成就することがカードから読み取れます。

星のカードが逆位置で出た場合は、なぜ復縁したいのか、今一度自分の心に聞いてみる必要があるかもしれません。

星の逆位置には、目標を見失う、思い過ごしをするという読み方もあります。

もしかしたら、復縁は本当に自分が叶えたい願いではないのかもしれません。

焦らず落ち着いて考えることで、復縁に向けて動き出すのか、新しく再出発するのか、本当に大切なことがわかりそうです。

次へ

まとめ

今回は、タロットカードの星の意味と解釈について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

星のカードは正位置でも逆位置でも良い意味合いが強いカードだと言えます。
将来に希望が持てる、力強い味方になってくれそうですね。

皆さんも、星のカードの持つ前向きなエネルギーを受け取って、素敵な未来へ向かっていきましょう。

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。