大アルカナ【隠者. THE HERMIT】 の意味と解釈をわかりやすく解説~相手の気持ち、仕事、恋愛、未来について~

はじめに

タロットカードには22枚の大アルカナと、56枚の小アルカナがあります。

大アルカナのカードはパワフルなエネルギーを持つので、人生における大きな出来事や転機が予想されます。

一方の小アルカナは、毎日の生活で感じる気持ちの揺れや、考え方の変化ととらえることができるでしょう。

タロットカードの世界についてもっと詳しく知りたいと思った方は、こちらを参考にしてくださいね。

https://lunafactory.co.jp/blogs/yasashitarot/the-world-of-tarot-cards

 

今回は大アルカナの「隠者」についてご説明したいと思います。

次へ

タロット【隠者】のカードのイメージは?

隠者と聞いたときに、どのような人物がイメージされるでしょうか。年をとった人、そして男性の場合が多いように思われます。俗世間から離れ、山中で瞑想をしたり、修行をしたりしているような人物かもしれません。悟りを開くために、ストイックな生活をしているようにも想像されます。

そのような人物が描かれた隠者のカードは、孤独であるようにも思われます。一人になって物事について深く考え、真理を追い求めているのでしょう。

隠者は現世の物質的なものは手放してしまいました。周囲にふりまわされないで、より高い理想を追うために、あえて一人でいることを選んでいます。

そして隠者は物事の本質を見極め、賢明な判断をすることができるようになったのです。

隠者のカードの多くには、ランタンなどの灯りが描かれています。ランタンに灯った火は古代より知性の象徴とされてきました。

隠者の持つ灯りは暗い道を照らし、進むべき道を示しています。その灯りを持つ人物は長い人生で蓄えた智恵を持ち、導き手となってあなたが進む道を明るく照らしてくれているのでしょう。

またその灯りが六芒星として描かれるときは、人々を愛へ導くとも考えられています。なぜなら、六芒星は一つが上向き、もう一つが下向きの三角形を合わせた形で、火と水の融合を表し、上向きの三角形は男性性を、下向きの三角形は女性性を象徴しているからです。

実際にタロットカードリーディングを行って「隠者」のカードが出るときは、周囲の状況が気になって、心理的に不安定である場合が多いようです。やることが多く気が散ってしまい、冷静に考えられない、考える時間がないのかもしれません。

そんなときだからこそ、ひとりになってあなた自身の心と向き合い、あなたの考えや行動についてゆっくり振り返る時間を持って欲しいというメッセージだと考えられます。

もしくは、あなたのこれまでの経験や智恵を生かして、あなたの信じる道を進んで行きなさいというメッセージだと読むこともできます。周囲との違いに戸惑いや不安を感じても、自信を失くすことはありません。あなたはあなた自身を信頼することが大切だと告げています。

タロット【隠者】のカードの意味は?

隠者のカードには、「あなた自身」と「指導者や先生となる人」の2通りのとらえ方があります。

ひとつは、あなた自身の中に答えがあり、一人になって自分の進むべき道を探求していく場合です。もうひとつは、あなたの行く手を照らしてくれる人の存在に気付くこと、もしくはそのような人物を探す必要がある場合です。 

これを踏まえて、隠者の一般的なキーワードから解説していきましょう。

【隠者】正位置のキーワード

  • 内省する
  • 探求する
  • 信頼できる人のもとへ行く
  • ひとりになる

正位置の隠者のカードは、あなた自身の考えや世界観を大切にし、あなたが感じた疑問についてじっくりと考えてみるべき時であると告げています。これまでの自分自身の学びや経験をしっかりと振り返って、これからの人生を決めていく時期になったと呼びかけています。

また、師となる人の考えを仰ぐ時でもあるでしょう。その場合でも、自分の中に取り込んで、もう一度考えてみることを忘れてはいけません。

あなたの人生において本当に大切なものを知るために、自分自身の心を見つめ、何をどう思うのかよく考えてみましょう。答えはすでに自分の中にありますから、いったん外の世界とは距離を置いてみることです。あなた自身が未来に何を望むのか、再確認してみる時期になったのです。

【隠者】逆位置のキーワード

  • 他者と距離をとる
  • 孤独
  • 社会への恐れ
  • 真実から目をそらす

逆位置の隠者のカードが出た場合は、あなた自身の考えにこだわりすぎて、社会と関わることに目をそむけている状態なのかもしれません。もしくは周囲の人にとって、あなたの姿は頑固で閉鎖的に見えている可能性がありそうです。

一方で、自分の人生の問題を脇に置いたまま、現実の活動にふりまわされていることも考えられます。周囲の状況や、周りの人の言動に影響されて自分に自信が持てなくなっているようです。本当の問題に立ち向かうのが怖いと感じているのかもしれません。

「隠者」のカードの逆位置が出た場合は、まず一度立ち止まって周囲の状況を見直し、冷静になることからはじめましょう。ささいなことにとらわれて、大切なことを見失っているのかもしれません。物事を客観的にとらえるように意識してみましょう。

気になっている問題を解決する糸口はすぐそこにあるのに、周囲の言動に惑わされて、本心がわからなくなってしまったのかもしれません。落ち着きを取り戻すためには、その場を離れてみることも大切です。

また、あなたが心の内を見られることに対して不安を感じ、誰かに相談することをためらっているのなら、今こそ勇気を出すときです。手助けされることによって、あなたは成長し、やがてあなたが誰かを助けることができるようになることも示唆しています。

 

相手の気持ち:タロットで【隠者】のカードが出たときは? 

タロットカードで相手の気持ちを占ったときに出たカードが「隠者」だった場合の解釈についてみていきましょう。

相手の気持ち:【隠者】正位置で出た場合

相手の気持ちについて占ったときに出たカードが「隠者」の正位置だった場合、相手は今、一人になりたいと感じ、一人でいることに満足していることを意味しています。あなたができるのは、相手をそっとしておいてあげることです。大切なのは周囲の影響を最小限にし、十分に一人の時間を満喫することと言えるでしょう。

相手がじっくりと考えたいタイプの場合もあります。あなたが焦って答えを求めても、何も得るものはありません。相手のタイミングを待ちましょう。

相手の気持ち:【隠者】逆位置で出た場合

相手の気持ちについて占ったときに出たカードが「隠者」の逆位置だった場合は、相手が自分の考えに固執していたり、殻に閉じこもっていたりする可能性を暗示しています。周りの人の考えに耳を傾けるには、もう少し時間がかかりそうです。やはりそっとしておくことが大切になります。あなたはあなた自身の時間を充実させるようにしましょう。

仕事について:タロットで【隠者】のカードが出たときは?

タロットカードで仕事について占ったときに出たカードが「隠者」だった場合の解釈についてみていきましょう。

仕事について:【隠者】が正位置で出た場合

仕事について占ったときに出たカードが「隠者」の正位置だった場合は、仕事に集中し、じっくりと取り組む時期だと言えるでしょう。自分のペースを大切にしていけば、経験を積んで実力をつけることができます。

転職や起業は控える方が良さそうです。あなたが今やるべきことに集中することで、より良い結果がもたらされるでしょう。

また、人間関係にも恵まれる暗示ですので、この機会に先輩や上司から学ぶことを意識すると、大きく発展できると告げています。

仕事について:【隠者】が逆位置で出た場合

仕事について占ったときに出たカードが「隠者」の逆位置だった場合は、一人で仕事を抱え込んで、周囲が見えない状況だと考えられます。仕事上のミスは、あなたの思い込みが原因なのかもしれません。独りよがりになって、周りの人を遠ざけていませんか?孤独を感じやすくなっている時期だとも言えるでしょう。

冷静になって、あなたの役割をもう一度確認することから始めてください。

そしてあなたから周囲の人へ声をかけ、素直な気持ちでアドバイスを求めてみましょう。あなたに対する誤解も解けて、トラブルも回避できるようになります。

恋愛について:タロット【隠者】のカードが出たときは?

タロットカードで恋愛について占ったときに出たカードが、「隠者」だった場合についてみていきましょう。

恋愛について:【隠者】が正位置で出た場合

恋愛について占ったときに出たカードが「隠者」の正位置だった場合は、恋愛に慎重になっている状態だと言えるでしょう。

あなたが片思いなら、自分の気持ちに素直になって、告白するのも良いでしょう。ただし相手からの返事は時間がかかるかもしれません。それはあなたとの恋愛について真剣に考えているからです。ゆっくりと二人の距離を縮めることが大切です。

あなたにパートナーがいるなら、心の中にある疑問を解決していく時期だと示唆しています。今の相手に対するあなた自身の気持ちや、将来についての考え方を明らかにしていきましょう。

その結果、二人がより良い関係になることも考えられますし、今のパートナーとの将来が見えなくなってしまう場合もあるかもしれません。しかし今のままの状態は、あなた自身が心から望んでいるとは言えないようです。

あなたが復縁を望んでいる場合は、今はまだ復縁の時期ではなく、過去を振り返って見つめ直す必要があるというメッセージです。別れた頃に比べて落ち着いてきていますが、復縁にはもうしばらく時間をおくのが賢明です。

あきらめずに前向きな気持ちで復縁を考えていれば、やり直しのチャンスが訪れるでしょう。あなたもパートナーも、冷静になるには時間が必要です。焦らずきちんと過去に向き合うことで、より良い関係を取り戻すことができるのですから。

恋愛について:【隠者】が逆位置で出た場合

恋愛について占ったときに出たカードが「隠者」の逆位置だった場合は、不安や不信が大きくなってしまい、恋愛に対して前向きになれない状況を表しています。恋愛に対して、ネガティブになっている時期だとも考えられます。一人で考え込んで、ストレスをためてしまっていませんか?

パートナーとの信頼関係が薄れているように感じられるかもしれません。心が通い合っていないと感じ、孤独感が強くなっているとの暗示でもあります。

こんな時は、思い切って信頼できる人に相談してみるのもおすすめです。あなたの思い過ごしだとわかったり、気持ちを切り替えたりできるでしょう。

もしくは、しばらく恋愛はお休みしましょう。精神的に疲れて、一人になりたいと感じているのに、言い出せないでいるのかもしれません。

自分を見つめ直すことで、改めてパートナーを大切に思うことができるようになるでしょう。

あなたが復縁を望んでいる場合は、復縁には時間がかかることを意味しています。まだお互いに気持ちの整理できていないので、過去を思い出して、悲観的な考えが心を占めてしまいそうです。パートナーも「一人になりたい」と感じているようです。

今はあなた自身の生活を見直して、リフレッシュすることに力をいれましょう。

未来について:タロット【隠者】のカードが出たときは?

タロットカードで未来について占ったときに出たカードが、「隠者」のカードだった場合についてみていきましょう。

未来について:【隠者】が正位置で出た場合

未来について占ったときに「隠者」のカードが正位置で出た場合、あなたは自分自身の考えをきちんと把握していて、将来に活かせている可能性が高いことを示唆しています。

今あなたが興味を持っていることや、これから極めたいと思っていることを将来へ向けてコツコツと取り組んでいきましょう。あなたの望む未来が、その先にあるようです。

周囲を気にせず、あなたの進む道を貫くことで得るものは大きいと言えるでしょう。充分に一人の時間を楽しんでください。

未来について:【隠者】が逆位置で出た場合

未来について占ったときに「隠者」のカードが逆位置で出た場合は、あなたは将来に対して信じる気持ちを、失ってしまっているのかもしれません。

どこへ向かっていいのか行き先が見えず、だれかに頼ることもしていない状況だと言えるようです。

こんなときは難しく考えすぎず、出来ることから始めてみましょう。

「おはよう」「ありがとう」など、簡単なあいさつをしてみませんか?立ち寄ったカフェやお店で、店員さんに声をかけてみましょう。明るいあいさつは、あなた自身の心を晴れやかにしていくことでしょう。

次へ

まとめ

タロット「隠者」のカードは、社会の常識にとらわれず、真理を追究しようとする人物を描いています。

正位置の場合は、あなた自身の中に答えがあり、答えを求めて考えを深めるように告げています。そのためには、一人になる時間を作ることが大切です。そうして得たものはあなたの中で確信となり、人生における様々な場面であなたを支えてくれるでしょう。

逆位置の場合は、あなたは自分の考えにとらわれて、周囲が見えなくなっているのかもしれません。冷静さを取り戻して、素直になることで、あなたは真実に近づくことができるのです。

「隠者」のカードは、未来へ踏み出すためには、時には立ち止まることも必要だと私たちに教えてくれています。

この記事を参考にして、タロット「隠者」のカードの理解を深めてくださいね。

 

この記事を書いた人
ルナファクトリー編集部

タロットカードに関する情報を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\フォローで毎日癒されて下さい☺️/

 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。